5月21日は小学校の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

小学校の日今日は何の日
5月21日の「今日は何の日?」は「小学校の日」です。
また「小学校の日」にちなんで「黒板は昔本当に黒かった」「教科書に値段が書かれていない理由」など学校にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月21日は小学校の日

今回は「小学校の日」について解説していきます!
なぜ5月21日が「小学校の日」なのかというと、1869年5月21日に京都市に日本初の小学校「上京第二十七番組小学校」が開校した事が由来となっています。

日本初の小学校である「上京第二十七番組小学校」は住民が自分達で資金を調達してようやく開校することができました。
小学校に「第二十七番組」という名前が入っていますが、当時の小学校は番組と呼ばれる行政が定めた区画に建てられていたため、「番組小学校」という名前になっていました。

現在では小学校といえば教育機関というイメージがあるかもしれませんが、当時の小学校は町会所であったり、警察や保健所等の役割をこなしていたそうです。
その後にはたくさんの番組小学校が設立されることとなりましたが、どの番組小学校も地元の有志で寄付が行われて、寺社などは敷地の一部を番組小学校へと寄付するなど、番組小学校の設立に地元の協力は欠かせないものでした。

スポンサーリンク

学校の雑学

今回は「小学校の日」にちなんで「学校の雑学」を紹介します。

黒板は昔本当に黒かった

学校に通っていた時には毎日目にしていた黒板ですが、黒板という名前の割には緑色をしているので不思議に思ったことはありませんか?
それもそのはず、初めて黒板が製造された際には黒板は本当に黒色だったのです。

日本で国産初の黒板が製造されたのは1874年だったとされています。
当時の黒板は板の着色を墨汁で行い、その上に柿渋であったり硫酸鉄と煎液の混合物を塗って加工して使っていました。

いつごろから黒板が緑色になったのかというと、太平洋戦争が終わってからのことでした。
その当時は黒板には漆が使われていましたが、漆は輸入に頼っていたため入手が困難となってしまいました。

その結果として1954年からはJIS規定により、黒板の色が黒から現在でもお馴染みの色である緑色になったのでした。

教科書に値段が書かれていない理由

皆さんは普段から本などを買いますか?
本をの裏側を見てみるとそこには絶対に値段が書いてありますよね。

しかし、値段が書いていない本が存在しているのです。
それは誰もが1度は手にしたことのある学校の教材として使用される教科書です。

もしも手元に教科書がある場合は確認できますので、裏側を見てみてください。
教科書の値段については毎年国が決めることになっているため、値段が変動します。

そのため、値段を教科書の裏側に印字してしまうと、翌年以降に在庫が残ってしまった場合に一切売る事ができなくなってしまうのです。
その年度によって違う教科書が使われるわけではありませんので、もしも在庫が残ってしまった場合に、翌年の学年の生徒にも使えるようにするため、教科書には値段を書かないようにしているのでした。

以上が学校の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月21日)
小満
小学校の日
リンドバーグ翼の日
ニキビの日

■明日は何の日?(5月22日)
国際生物多様性の日
ガールスカウトの日
サイクリングの日

■昨日は何の日?(5月20日)
東京港開港記念日
成田空港開港記念日
ローマ字の日

スポンサーリンク

フォローする