6月1日は気象記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

気象記念日今日は何の日
6月1日の「今日は何の日?」は「気象記念日」です。
また「気象記念日」にちなんで「平年並みはいつを基準にしている?」「雨は走った方が濡れないで済む」など天気にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月1日は気象記念日

今回は「気象記念日」について解説していきます!
なぜ6月1日が「気象記念日」なのかというと、1875年6月1日に東京・赤坂葵町に日本初の気象台「東京気象台」が設置され、東京で気象と地震の観測が開始された事が由来となっています。

また、1884年6月1日に日本で最初の天気予報が出された事も由来となっています。
1887年には「中央気象台」と名前を変え、1956年、「気象庁」として運輸省(現在の国土交通省)の外局に昇格しました。

日本で初めて出された天気予報の内容は「全国一般風の向きは定まりなし、天気は変り易し、但し雨天勝ち」だったとされており、天気予報と内容としてはかなり曖昧なものだったようです。
気象観測の技術がかなり発達してきた現代でさえ天気予報がはずれる事は多々ありますし、当時の技術でいうと天気の予測はかなり難しかったのでしょう。

雨が降るか降らないか判断のつかない天気の時は傘を持ち歩くか迷ってしまいますし、何年後かには精度の高い天気予報が出されるようになるといいですよね。

スポンサーリンク

天気の雑学

今回は「気象記念日」にちなんで「天気の雑学」を紹介します。

平年並みはいつを基準にしている?

皆さんも出かける時などは天気予報は欠かさずチェックをして出かけるようにしているのではないでしょうか?
また、普段からニュースなどを良く見ている人にとっても天気予報は馴染み深いものですよね。

天気予報を見ている時にどうしても「曖昧な表現が多い」なんて思ってしまう事も多いのではないでしょうか?
天気予報で使われる曖昧な言葉として「曇り時々雨」や「晴れ一時曇り」といった言葉です。

しかし、個人的に一番わかり辛いものが「平年並み」という言葉です。
この「平年並み」という言葉ですが、一体いつごろを基準として「平年並み」と言っているかをしっていますか?

実は平年並みという言葉は過去30年の平均のことであり、この平均のことを「平年値」と呼ぶそうです。
過去30年といってもその年から過去30年というわけではなく、10年ごとに更新されるそうなので、その年を基準として過去30年で計算されるそうです。

雨は走った方が濡れないで済む

外を歩いている時に急に雨が降り出した経験はありませんか?
思わず持っているバッグなどを頭に乗せて走って雨宿りの場所を探す人も多いのではないでしょうか。

その雨が降りだしたら走るという行為ですが、実は雨に濡れないようにする方法としては正解なんです。
普通に考えてみれば、歩いている時よりも走っている時の方が雨がたくさん身体に当たりそうなイメージがありますよね。

しかし、実は雨が降っている時は走っている時の方が雨に当たらずに濡れずに済むんです。
この実験はアメリカの気象学者によって行われたものであり、100メートルの距離を比較したところ、小雨という条件では歩いている時の方が16%多く濡れて、豪雨の際には23%多く濡れたそうです。

少しでも濡れたくない時には走ることが得策だといえますが、水たまりなどに注意して走ってくださいね。
以上が天気の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月1日)
写真の日
真珠の日
気象記念日
電波の日

■明日は何の日?(6月2日)
横浜港開港記念日
長崎港記念日
イタリアワインの日

■昨日は何の日?(5月31日)
古材の日
世界禁煙デー

スポンサーリンク

フォローする