7月1日は建築士の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

建築士の日今日は何の日
7月1日の「今日は何の日?」は「建築士の日」です。
また「建築士の日」にちなんで「田中角栄は一級建築士だった」「東京タワーは戦車を使って建築した」など建築にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月1日は建築士の日

今回は「建築士の日」について解説していきます!
なぜ7月1日が「建築士の日」なのかというと、1950年7月1日に「建築士法」が公布されたことが由来となっています。

「建築士の日」については1987年に日本建築士連合会によって制定された記念日となります。
日本建築士連合会によると「建築士の質と地位の向上」という事を目的として制定したそうです。

「建築士法」とは建築物の設計や工事管理等を行う技術者の資格を定め、建築物の質の向上させることを目的として制定された法律となります。
第7回通常国会に田中角栄を筆頭提案者として提出され成立した法律です。

今も日本にはたくさんの住宅が建っていて、日本中で建築が行われていますよね。
建築士がいなければ住みやすく安全な家に住むこともできないですし、決して欠かすことのできない職業です。

自治体によっては建築士の日に建築の設計など実際に体験してみるなど、イベントが開催されている事もありますので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

建築の雑学

今回は「建築士の日」にちなんで「建築の雑学」を紹介します。

田中角栄は一級建築士だった

田中角栄といえば政治家というイメージしかないかもしれませんが、実は一級建築士の資格を所持していたって知っていましたか?
一級建築士は合格率が10%程度しかなく難関試験のため、田中角栄はたくさん勉強して資格をとって、一級建築士として様々な建築を行ってきた・・・と思うかもしれません。

しかし、当時は筆記試験を受けずに一級建築士に簡単になるため抜け道があり、それを利用して一級建築士の資格をとったとされています。
現在はすでに無くなった抜け道ですが、当時は建設大臣(今の国土交通大臣)の選考を受けて一級建築士にふさわしい技能や知識があると認められれば、試験を受けずに一級建築士になれたのです。

そして、冒頭でも書きましたがこの抜け道が用意されていたのが「建築士法」という法律であり、田中角栄自身が成立させた法律なんですね。
大学では建築系を専攻していて、社会人になってから建築会社の経営を行っていたため、その実績が評価されて一級建築士の資格を取る事ができたのでした。

東京タワーは戦車を使って建築した

東京の観光名所として、またシンボルとして有名な建物といえば東京タワーですよね。
そんな東京タワーですが、実は戦車を使って建築されたって知っていましたか?

戦車を重機代わりにしたというわけではなく、本当に戦車の車体が東京タワーの建材として使われているんです。
東京タワーの建設が始まったのは1957年のことでしたが、その少し前には朝鮮が北と南にわかれて朝鮮戦争が起きていました。

朝鮮戦争にはアメリカ軍の戦車も参加していて、戦争によるダメージでボロボロになってしまい、かといってアメリカまで持ち帰ってお金をかけるよりは、そのお金で新しい戦車を買った方が良いとアメリカは思いました。
日本はちょうど東京タワーを建築していたので、砲撃にも耐えられるような丈夫な良い鉄でできている戦車を溶かして建材として使いたいと思いました。

偶然にも両国の思惑が一致したため、戦車は日本に持ち込まれて東京タワーの建材として再利用されたのでした。
以上が建築の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月1日)
弁理士の日
建築士の日
ウォークマンの日
童謡の日

■明日は何の日?(7月2日)
半夏生
蛸の日
たわしの日

■昨日は何の日?(6月30日)
トランジスタの日
ハーフタイムデー
大祓

スポンサーリンク

フォローする