7月5日はあなごの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

あなごの日今日は何の日
7月5日の「今日は何の日?」は「あなごの日」です。
また「あなごの日」にちなんで「アナゴとうなぎの違い」「アナゴの名前の由来」などあなごにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月5日はあなごの日

今回は「あなごの日」について解説していきます!
なぜ7月5日が「あなごの日」なのかというと、七(な)五(ご)で穴子の「なご」という語呂合わせが由来となっています。

また、アナゴは夏が旬である事も由来となっています。
「あなごの日」については寿司・弁当用の穴子食材を製造する大阪市のグリーンフーズによって制定された記念日となります。

グリーンフーズによると「あなごの栄養素や美味しさを広くしってもらう」という事が目的とされています。
この時期は暑くなってきて夏バテになりやすい季節のため、食欲も落ち込みやすい時期ですよね。

アナゴにはビタミンA、ビタミンB類が豊富に含まれているため、夏バテの他にも、食欲減退防止に効果があるとされています。
アナゴは地方によっても食べ方が違い、普通は焼いてタレにつけて食べますが、それ以外にも天ぷらや煮物にしたり、炊き込みご飯にするなどいろいろと美味しい食べ方があります。

食欲があまり無いという人については是非とも「あなごの日」にアナゴを食べてみてくださいね。

スポンサーリンク



あなごの雑学

今回は「あなごの日」にちなんで「あなごの雑学」を紹介します。

アナゴとうなぎの違い

アナゴもうなぎもどちらも夏バテをした時には良いとされている食べ物ですが、アナゴとうなぎについては似ている姿ですよね。
調理されて出てきたあとも甘いタレにつけてふわふわとした食感を楽しむもので、どちらも美味しいですが違いはあるのでしょうか。

まずは、アナゴについてですがウナギ目アナゴ科の魚であり、海に住んでいる魚となります。
身体には鱗がついていないのが特徴であり、また身体の側面部分に白い斑点のようなものが並んでいるのが特徴としてあげられます。

続いて、ウナギについてですがウナギ目ウナギ化の魚であり、アナゴとの違いは淡水魚であることがあげられます。
産卵シーズンは海へと出ますが基本的には淡水で育つ魚です。

また、最大の違いはアナゴと違って皮下に鱗を持っていることであり、特徴さえ知っていれば実はアナゴとうなぎの違いは簡単に見分けることが出来るのでした。

アナゴの名前の由来

ここまでアナゴという魚について紹介してきましたが、「アナゴ」という名前にも由来があるって知っていましたか?
アナゴという名前の由来には、アナゴの普段の習性が関係しているんです。

アナゴ類の魚は基本的には夜行性であり、夜には餌となる小魚や小さな生き物を探しながら海底などで行動します。
それでは日中はどのような行動をしているのかというと、海底の砂に穴を空けて、穴から顔だけを出して隠れています。

この穴を掘って隠れているという習性がアナゴという名前の由来になっているんですね。
穴に潜る際には、海底の砂の柔らかい部分を頭の先端を使って探しまわり、柔らかい場所を見つけ出すと、しっぽの方から器用に穴をほって潜り込んでいきます。

以上がアナゴの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月5日)
あなごの日
ビキニスタイルの日

■明日は何の日?(7月6日)
ピアノの日
公認会計士の日

■昨日は何の日?(7月4日)
梨の日
お直しの日

スポンサーリンク



フォローする