7月7日は七夕、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

七夕今日は何の日
7月7日の「今日は何の日?」は「七夕」です。
また「七夕」にちなんで「北海道の七夕が8月7日の理由」「北海道の七夕はハロウィン?七夕の面白い風習」など七夕にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月7日は七夕

今回は「七夕」について解説していきます!
なぜ7月7日が「七夕」なのかというと、棚に機で織った衣服を備える風習が由来となっています。

旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておくといった風習があって、このことから「棚機(たなばた)」という言葉が生まれたとされています。
その後に仏教が伝来すると7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられることとなりました。

それでは織姫と彦星の伝説がどこから来たのかというと、実は中国から伝わった伝説なのです。
元々あった日本の棚機という風習に中国から織女・牽牛の伝説が結びつけられる事により、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされたのでした。

日本ではほとんどが7月7日に七夕となりますが、北海道では8月7日が七夕だとされています。

スポンサーリンク



七夕の雑学

今回は「七夕」にちなんで「七夕の雑学」を紹介します。

北海道の七夕が8月7日の理由

先ほど北海道の七夕は8月7日と言う事を紹介しましたが、全国的には7月7日なのに北海道だけ日付が違うのって不思議ですよね。
なぜ北海道の七夕だけ日付がずれているのかというと、明治6年に行われた改暦が由来となっているそうです。

それまでの日本は天保暦という暦で日付を管理していたため、西暦とはずれがありました。
西暦に合わせるべく改暦が行われましたが、その時に七夕が7月7日と8月7日に別れてしまったそうです。

政府の方針としても新暦でも旧暦のどちらを採用しても良いとしていたため、各市町村によって七夕の日程がずれることになったんですね。
ちなみに、北海道の全土で七夕が8月7日となっているわけではなく、道南や根室などでは7月7日に七夕を行っています。

北海道の七夕の面白い風習

北海道は七夕の日付が違うこともそうですが、七夕の日に行う子供にとってとても楽しみな風習があるんです。
それは「ローソクもらい」、もしくは地域によっては「ローソク出せ」と呼ばれている風習です。

筆者の地域は「ローソク出せ」と呼ばれていましたが、これは子供が浴衣を着たりして提灯を持って、夕方ぐらいから夜にかけて近所の家を回ってお菓子をもらうという風習なんです。
おじいちゃんやおばあちゃんの家に行くと本当にろうそくがもらえたりして、その時は少しガッカリしてしまうんですよね。

北海道の「ハロウィン」のような風習だと思っていただければわかりやすいかと思います。
「トリックオアトリート?」のように、近所の家に尋ねた時には「ローソク出せ、出せよ、出さないとかっちゃくぞ、おまけに食いつくぞ!」という何とも物騒な歌を歌って、家から出てきた人にお菓子をもらうのです。

ちなみに「かっちゃく」とは「ひっかく」という意味です。
昔は七夕の夕方ぐらいになってくると近所のあちこちからこの歌が聞こえてきたのですが、最近は子供も少なくなってあまり聞こえなくなり寂しいものです。

以上が七夕の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月7日)
小暑
七夕
カルピスの日
冷やし中華の日

■明日は何の日?(7月8日)
質屋の日
ナンパの日

■昨日は何の日?(7月6日)
ピアノの日
公認会計士の日

スポンサーリンク



フォローする