7月17日は東京の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

東京の日今日は何の日
7月17日の「今日は何の日?」は「東京の日」です。
また「東京の日」にちなんで「東京タワーは昭和塔になる予定だった」「東京タワーの配色は昔と違う」など東京にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月17日は東京の日

今回は「東京の日」について解説していきます!
なぜ7月17日が「東京の日」なのかというと、1868(慶応4)年7月17日に明治天皇の詔勅により「江戸」が「東亰」に改称されたことが由来となっています。

東京と改称されたばかりの頃はまだ「東京都」ではなく「東京府」でした。
また、現在では東京都は23区や市町村によって構成されていますが、1889(明治22)年には15区しかありませんでした。

最初は伊豆七島や三多摩といった地域は東京に含まれていませんでしたが1893(明治26)年にはそのような地域も東京として含まれ、大体が現在の東京都と同じ地域が東京として指定されました。
東京都となったのは1943(昭和18)年になってからのことで、現在のように東京都が23区となったのは1948(昭和23)年になってからのことでした。

現在は「東京府」といわれてもあまりピンとこないですよね。
橋本徹元県知事が大阪都構想で世間を賑わせたように、もしかすると近いうちに「県」「府」「都」といったものが変わる都市が出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

東京の雑学

今回は「東京の日」にちなんで「東京の雑学」を紹介します。

東京タワーは昭和塔になる予定だった

東京のシンボルでもあり観光名所でもある東京タワーですが、実は昭和塔という名前になるかもしれなかったって知っていましたか?
東京タワーが完成した当時、東京タワーの名称は一般公募がかけられていました。

公募を行った結果86269通の応募があったのですが、その中でも1番応募があった名称は「昭和塔」でした。
東京タワーの応募数はなんと223通しかなく、全体の応募の順位を見ても13位だったため、東京タワーという名称が採用されることはまずないように思われました。

しかし、東京タワーの名称の選考に参加していた徳川夢声が東京タワーを推薦したところ、なぜか東京タワーが採用されることとなりました。
この推薦がなければ今頃は確実に昭和塔という名前になっていたでしょう。

また、実は昭和塔という名称以外にもたくさんの応募があったわけですが、その中には「エターナルタワー」や「マンモス塔」、「エンゼルタワー」といった名称があり、しかも東京タワーよりも得票率が高かったそうです。

東京タワーの配色は昔と違う

東京タワーの配色といえば赤と白というのは当たり前ですよね。
このツートンカラーですが、赤と白という色が使われているのは変わっていないのですが、赤と白の色の配置が昔と今では違うというのは知っていますか?

昔の東京タワーは赤と白が交互となって11等分で塗られていました。
しかし、現在の東京タワーは赤と白が交互となっているのは変わりませんが、昔と違って7等分に塗られているんです。

これは飛行機から東京タワーを発見しやすくて衝突を避けるための工夫なんですね。
昔は11等分で飛行機からも充分に見えやすかったそうですが、周辺に高層ビルが立ち並ぶようになってから見えづらくなったため、7等分にすることでより東京タワーを視認しやすくしたそうです。

以上が東京の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月17日)
海の日
漫画の日
東京の日
理学療法の日

■明日は何の日?(7月18日)
光化学スモッグの日

■昨日は何の日?(7月16日)
虹の日
駅弁記念日

スポンサーリンク

フォローする