8月19日はバイクの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

バイクの日今日は何の日
8月19日の「今日は何の日?」は「バイクの日」です。
また「バイクの日」にちなんで「昔は白バイではなく赤バイだった」「バイクが単車と呼ばれる理由」などバイクにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



8月19日はバイクの日

今回は「バイクの日」について解説していきます!
なぜ8月19日が「バイクの日」なのかというと、8月19日という日付が「バ(8)イ(1)ク(9)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「バイクの日」については総務庁交通対策本部によって1989年に制定された記念日となります。
総務庁交通対策本部によるとこの日を「バイクの安全を考え、バイクによる交通事故の増加を防止するための日」と位置付けしており、バイクの安全運転教育を展開しています。

バイクはやはり自動車に比べても圧倒的に死亡事故の割合が高い乗り物なので、日々安全運転を心掛けることが大切ですよね。
自動車に乗っている人とバイクに乗っている人では圧倒的に母数が違うため、年間の死亡事故の件数でいうと自動車の方が多いです。

しかし、死亡事故の件数ではなく、事故を起こしてしまった場合に死亡事故に繋がる確率は、自動車に比べてバイクの方が何倍も高くなっています。
また、原付と自動二輪を比べてみても、比較的スピードの出しやすい自動二輪の方がさらに事故が起きた時に死亡事故に繋がる確率が高いそうです。

バイクを運転する時にはくれぐれも注意しながら運転をするように心掛けてくださいね。

スポンサーリンク



バイクの雑学

今回は「バイクの日」にちなんで「バイクの雑学」を紹介します。

昔は白バイではなく赤バイだった

警察が交通取り締まり業務を行っていて、その中でもバイクに乗って職務をこなしている人の事を「白バイ隊員」といいますよね。
その名の通り、白く塗装されたバイクに乗っているのがとても印象的です。

現在でこそ当たり前となった白バイですが、日本の警察で初めてオートバイが導入された時には白バイではなく「赤バイ」だったって知っていましたか?
赤バイが登場したのは1919(大正7)年のことであり、ボディからハンドルまで真っ赤な派手なデザインとなっていました。

現在では赤い車体の車がほとんど走っていなかったため、目立つ色にしようとした結果赤バイが誕生しましたが、時代が進むにつれて徐々に赤色の車も見かけるようになりました。
そこで、次は1936(昭和11)年に欧米の警察が使っているバイクが白だったため、それに倣って白バイが誕生することになるのでした。

バイクが単車と呼ばれる理由

バイクの事を「単車」といっているのを聞いた事はありませんか?
そもそもバイクは二輪車なのにどこらへんが「単」なのでしょうか。

実はバイクが「単車」と呼ばれるのはサイドカーが由来となっているのです。
19世紀の初頭にサイドカーが登場して以来、しばらくの間はバイクというのはサイドカーと一体となっているのが主流となりました。

つまり、バイクとサイドカーがセットになって一台の乗り物としていたたため、サイドカーがないバイクのことを「単独の二輪車」と呼んでいたわけですね。
「単独の二輪車」を省略した呼び方が「単車」となり、現在ではバイクは「単車」であることが当たり前となっていますが、昔の名残りでいまだに「単車」と呼んでいる人もいるのでした。

以上がバイクの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月19日)
バイクの日
俳句の日

■明日は何の日?(8月20日)
蚊の日
交通信号設置記念日

■昨日は何の日?(8月18日)
高校野球記念日
米の日
ビーフンの日

スポンサーリンク



フォローする