8月22日は金シャチの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

金シャチの日今日は何の日
8月22日の「今日は何の日?」は「金シャチの日」です。

スポンサーリンク



8月22日は金シャチの日

今回は「金シャチの日」について解説していきます!
なぜ8月22日が「金シャチの日」なのかというと、名古屋市の市章が「八」であることと、しゃちほこの形が「2」という形に似ており、名古屋城の天守の左右に二つあることが由来となっています。

「金シャチの日」については名古屋市で鍼灸接骨院を経営する川村芳彦氏によって制定された記念日となっています。
川村芳彦氏によるとこの日を「名古屋城大天守の金のしゃちほこをさらに多くの人に知ってもらう事と、金のしゃちほこにあやかって名古屋を元気にすること」を目的として「金シャチの日」を制定したそうです。

8月22日には金のしゃちほこにまつわる人物や品物を紹介するイベントが開催されていることも「金シャチの日」を制定する由来となったそうです。
確かに名古屋城といえば金のしゃちほこがとても有名ですよね。

名古屋城は中学生以下であれば観覧料が無料になりますし、高校生以上だとしても500円で観覧できるので名古屋の観光スポットにもなっていますよね。
更に名古屋市に在住している65歳以上の高齢者の方であれば入場料が100円しかかからないため、是非とも名古屋へ旅行した際には名古屋城へ行ってみてくださいね。

スポンサーリンク



金のシャチホコの雑学

今回は「金シャチの日」にちなんで「シャチホコの雑学」を紹介します。

名古屋城に金のシャチホコが置かれている理由

ここまで名古屋城といえば金のシャチホコと紹介してきましたが、そもそもなぜ名古屋城には金のシャチホコが乗っかっているのかを知っていますか?
実はシャチホコは魔除けの意味で名古屋城に乗っかっているのです。

このシャチホコについては中国の伝説で言い伝えられている架空の動物であり、竜の顔に背中にはトゲがある魚のような生き物となります。
一見すると2匹とも同じもののように見えますがオスとメスに分かれていおり、オスは口をあけていて、メスは口を閉じています。

古くからシャチホコが設置された建物は火事などの災害から守られると言い伝えられているため、名古屋城がそのような被害に合わないように天守閣に設置されたのでした。
ただの豪華な飾りかと思いきや、意外な意味が込められているんですね。

実は金のシャチホコは2代目

今回は「金シャチの日」ということで名古屋城の金のシャチホコについて紹介してきましたが、そもそも現在の金のシャチホコは初代ではなく2代目だって知っていましたか?
初代の金のシャチホコはどうなったのかというと、実は現在は茶釜になってしまったそうです。

実は江戸時代の初期のころには金のシャチホコが名古屋城に飾られていたのですが、1945年に第二次世界大戦が起こっていた際の空襲によって天守閣もろとも焼失してしまったのです。
その当時の名古屋城は戦争中だったこともあって貴重なものについては取り外して保管するようにしていましたが、ちょうど金のシャチホコを取り外して保管しようとしていたところ空襲が名古屋城を襲いました。

その結果として金のシャチホコは燃えかすとなった挙句にアメリカ軍に接収されることとなりました。
終戦後には名古屋市に返還されることとなりました。さすがに焼けてしまった金のシャチホコを飾るわけにもいかず、どのように使うか検討した結果、金のシャチホコは茶釜として生まれ変わることになりました。

以上が金のシャチホコの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月22日)
金シャチの日

■明日は何の日?(8月23日)
処暑
油の日

■昨日は何の日?(8月21日)
噴水の日
献血記念日

スポンサーリンク



フォローする