9月6日は生クリームの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

生クリームの日今日は何の日
9月6日の「今日は何の日?」は「生クリームの日」です。
また「生クリームの日」にちなんで「生クリームとホイップクリームの違い」「生クリームを混ぜると固まる理由」など生クリームにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



9月6日は生クリームの日

今回は「生クリームの日」について解説していきます!
なぜ9月6日が「生クリームの日」なのかというと、9月6日という日付が「ク(9)リーム(6)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「生クリームの日」については明治初年から乳製品の製造販売を続けている中沢フーズによって制定された記念日となります。
中沢フーズによるとこの日を「自社製品である中沢の生クリームのおいしさをより多くの人に知ってもらうこと」ということを目的とした日としています。

生クリームは甘くてふわふわしていて本当に美味しいですよね。
洋菓子に使われる定番の材料にもなりますし、デザートが大好きという人の中には生クリームだけでもいいから食べたいという人もいますよね。

また、昔まではあまり考えられませんでしたが、和菓子に生クリームを使うことによって新たな和スイーツなども誕生していますよね。
その新たな和スイーツの例としては「生どら焼き」などがあげられ、餡子だけだと苦手だという人でも生クリームを使った「生どら焼き」なら食べられるという人もいますよね。

スイーツ以外にも料理にコクを出すための大切な調味料として使われる事もありますし、人間の食生活には欠かせない乳製品ですよね。

スポンサーリンク



生クリームの雑学

今回は「生クリームの日」にちなんで「生クリームの雑学」を紹介します。

生クリームとホイップクリームの違い

お菓子作りには欠かせない乳製品である「生クリーム」と「ホイップクリーム」ですが、これらの違いについては実はあまり知られていないんですよね。
前までは「生クリーム」は混ぜて固める前のものを指し、「ホイップクリーム」は混ぜて固めたあとのものを指していましたが、現在では明確な違いがあります。

実は「生クリーム」と「ホイップクリーム」では原料が違うんです。
スーパーなどではすでに「生クリーム」と「ホイップクリーム」は区別して売られていて、成分をチェックしてみると原料に違いがあることがわかります。

「生クリーム」については乳脂肪のみが原料となっていて、なおかつ乳脂肪分が18%以上のものとなります。
「ホイップクリーム」については植物性脂肪が原料となっていて、植物性脂肪と乳製品を混ぜて作られたものとなります。

見た目はそっくりであるこの二つのクリームですが、使用されている原料が全く違うんですね。

生クリームを混ぜると固まる理由

生クリームをスーパーで買ってきて容器にあけてみると、当然ですがまだ液体の状態になっていますよね。
生クリームを固めるためにはかき混ぜなければならないのですが、そもそもなぜ生クリームを混ぜると固まるのかを知っていますか?

同じように牛乳をかき混ぜてみても生クリームのように固まったりはしないですよね。
実はこれは生クリームに含まれている乳脂肪が関係しているんです。

生クリームをかき混ぜることにより乳脂肪の球が衝突しあいます。
その結果、乳脂肪の球同士がくっついたりして固形となったものがだんだんと集まっていき、それがとろみになっていくのです。

そのため、混ぜれば混ぜるほど乳脂肪の球の固形分が大きくなっていって固くなっていくのでした。
牛乳をかき混ぜても固まらないのは生クリームよりも乳脂肪の含有量が低いためです。

以上が生クリームの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月6日)
黒の日
生クリームの日
クロスワードの日

■明日は何の日?(9月7日)
白露
CMソングの日
クリーナーの日

■昨日は何の日?(9月5日)
国民栄誉賞の日
石炭の日

スポンサーリンク



フォローする