9月10日は下水道の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

下水道の日今日は何の日
9月10日の「今日は何の日?」は「下水道の日」です。

スポンサーリンク



9月10日は下水道の日

今回は「下水道の日」について解説していきます!
なぜ9月10日が「下水道の日」なのかというと、この頃が立春から数えて220日目ごろで台風のよく来襲する時期であることが由来となっています。

また、この時期が浸水対策を役割の一つとして担う下水道を広くアピールするのに最適であることも「下水道の日」の由来となっています。
「下水道の日」については、建設省(現在の国土交通省)によって1961年に「全国下水道促進デー」として制定されました。

その後、2001年には現在の「下水道の日」として改称されました。
9月10日を基準として前後一週間には下水道の整備の促進について、人々の理解と協力を呼びかける為にさまざまな行事が行われているそうです。

下水道というとトイレやシンクから出る生活排水が流れているイメージがありますが、実は梅雨や台風の多いシーズンには雨水を排水するのに活躍しているんです。
特に東京などの都市部についてはビル街が多く緑が少ないことから地面が雨水を吸収してくれないため、他の都市に比べて排水に関する設備が整っているそうです。

もしも東京に下水道などの排水設備が完備されていなかったら、地下鉄なども多く走っているため、そのような地下施設が浸水してしまって使い物にならなくなっていることでしょう。
人間が生活する以上、生活排水は必ず出てしまいますから、下水道は人間にとっては欠かせない設備となっています。

スポンサーリンク



下水道の雑学

今回は「下水道の日」にちなんで「下水道の雑学」を紹介します。

実は日本の下水道はそこまで発展していない

日本は先進国と言われていますが、下水道に関していえば実は他国に比べても発展途上だとされているのは知っていましたか?
日本で下水道などが完全に普及したのは江戸時代のことでした。

その頃のヨーロッパでは下水道などが完備されていなかったため、平気で道端に汚水などを捨てたりしていた結果、疫病が蔓延するなどの事態が発生していました。
その頃から日本の下水道は発展を遂げていたのですが、なぜ現在は先進国に比べて下水道の発展が遅れているのでしょうか。

これは文化の違いがあって、日本では排水溝などが詰まってしまう事から極力ゴミなどを下水道に流さないようにしています。
しかし、外国ではゴミを丸ごと下水道に流してしまうこともあるため、下水道が発展していないと下水を処理し切ることが出来ないんですね。

日本の下水道は発展途上という書き方をしましたが、そもそも現在のレベルでも下水を処理し切ることができるため、発展をさせる必要が無かったのです。
例えば、他国と同じように日本でもゴミを下水に流し始めたら、下水の処理が追いつかないと予測されています。

マンホールの蓋が丸い理由

日本中の道路のどこにでも設置されているマンホールですが、普段はあまり気にかけて見ることはありませんよね。
実はマンホールの蓋には共通点があって、ほとんどのマンホールの蓋は奇麗な丸い形をしているのです。

言われてみれば四角い蓋のマンホールって見た事が無い気がしませんか?
マンホールの蓋が丸いのには様々な理由があります。

まず、地中に穴を掘るのに丸い形が適していることがあげられます。
また、四角いマンホールの蓋と違ってマンホールに蓋をする時に形に合わせて回転させる必要が無く、容易に蓋をすることができることも利点の一つです。

マンホールの蓋の重量は意外にも50kg以上あるので、蓋を回転させるだけで一苦労するんですよね。
四角いマンホールの蓋にしてしまうと、蓋の角度によっては誤ってマンホール内に蓋を落下させてしまう可能性がありますが、丸い蓋は落下させてしまう心配がいらないということも利点となっています。

以上が下水道の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月10日)
牛タンの日
下水道の日
カラーテレビ放送記念日

■明日は何の日?(9月11日)
公衆電話の日
警察相談の日

■昨日は何の日?(9月9日)
救急の日
世界占いの日
栗きんとんの日

スポンサーリンク



フォローする