【2017年】10月23日は霜降、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

霜降今日は何の日
10月23日の「今日は何の日?」は「霜降」です。
また「霜降」にちなんで「氷を電子レンジで温めても溶けない」「氷が水に浮かぶのはなぜ?」など氷にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月23日は霜降

今回は「霜降」について解説していきます!
「霜降」については「そうこう」と読み、二十四節気の一つとなります。

「二十四節気」についてはあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、実は結構天気予報で紹介されていたり、身近なものだったりします。
日本には「四季」のように季節を表す言葉がありますが、「二十四節気」についても季節を表すための言葉となります。

「四季」が春夏秋冬の四つの季節を表すものであるように、「二十四節気」は一年を二十四に分けてより細かく季節を表現できるようになったものだと考えてもらえればわかりやすいです。
「霜降」以外の二十四節気で有名なものでは「春分」「夏至」「秋分」「冬至」などがあげられます。

「霜降」という季節については「暦便覧」では「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」とされていて、露が冷気によって霜となって降りはじめるころとなっています。
残暑も終わって少し肌寒くなる季節となり、季節の変わり目であることから体調を崩す人も多いですよね。

気温が低くなる事から紅葉などが始まり、行楽シーズンを迎える季節でもあります。
ちなみに、10月22日だけが「霜降」というわけではなく、次の二十四節気である「立冬」を迎えるまでの期間が「霜降」となります。

スポンサーリンク

氷の雑学

今回は「霜降」にちなんで「氷の雑学」を紹介します。

氷を電子レンジで温めても溶けない

食べ物を温めるのに欠かせない家電である電子レンジですが、どんなものでも温めることが出来るのかと言えばそうではないそうです。
実は氷を電子レンジで温めようとしても溶けないんですね。

電子レンジが物を温める仕組みとしては、電磁波を食べ物にに当てることによって、食べ物に含まれる水の分子を激しく動かし、この分子を動かすことによってエネルギーを生みだして温かくしているんですね。
しかし、氷については固体であるため、水の分子が強く結合しあっていて分子があまり動かないことから、いくら電子レンジで温ようとしても溶けないのです。

時間をかければ少しずつ温まってやがてお湯になりますが、それは氷が電子レンジ内の気温差で溶けて水になったものが、電子レンジで温められているからであって、氷自体を電子レンジの力で溶かすことは不可能なのです。

氷が水に浮かぶのはなぜ?

水の中に氷を入れると浮くのは当然ですよね。
しかし、水も氷も同じ「水」であるのに関わらず、氷の方が浮くのは少し不思議ですよね。

学校の授業で習ったこともあるかもしれませんが、水は極めて特殊な性質を持っていて固体(氷)になると体積が増えるのです。
他の多くの物質は固体になる時には逆に体積が減ります。

つまり水と氷では密度に差が出る為、密度の低い氷は上へ、水は下へと移動するのです。
ゴマ塩のゴマだけが上に行きやすいのと同じような原理ですね。

冬に池の表面だけが凍って下に沈んでいかないのも、この水の特性のおかげです。
もし下へ沈んでしまったら池に棲む生物は冬を越すことができませんよね。

以上が氷の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月23日)
霜降
電信電話記念日
津軽弁の日

■明日は何の日?(10月24日)
国連デー
文鳥の日

■昨日は何の日?(10月22日)
平安遷都の日
パラシュートの日

スポンサーリンク

フォローする