10月24日は文鳥の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

文鳥の日今日は何の日
10月24日の「今日は何の日?」は「文鳥の日」です。
また「文鳥の日」にちなんで「鶏は一日でどれぐらいの卵を産めるのか」「おしどり夫婦はそんなに仲が良くない」など鳥にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



10月24日は文鳥の日

今回は「文鳥の日」について解説していきます!
なぜ10月24日が「文鳥の日」なのかというと、10月24日という日付が「て(10)に(2)し(4)あわせ」(手に幸せ)という語呂合わせであることが由来となっています。

10月が手乗り文鳥の雛が出廻る時期であることや、「1024」という数字から文鳥の姿をあらわせることも由来となっています。
「文鳥の日」については文鳥に詳しいライターである伊藤美代子氏によって制定された記念日となります。

伊藤美代子氏によるとこの日を「江戸時代から長く愛され続けてきた文鳥について考える」という事を目的とした記念日としています。
文鳥はその小さな身体で肩に乗ってくる姿がとても可愛らしい鳥ですが、実はスズメの仲間に属しており、大きくても16~17cm程度にしかならない小さな鳥です。

「文鳥の日」には「文鳥まつり」というイベントが開催されており、文鳥や文鳥の日のPR活動が行われています。
例年では文鳥まつりは吉祥寺を会場にして行われていたそうですが、段々と話題を呼ぶことによって規模が大きくなってしまい、これまで行われていた会場では開催することができなくなってしまったため、2017年の文鳥まつりは延期となってしまいました。

次回の予定については会場の確保が出来ない事と、主催者の一身上の都合によって未定となっています。

スポンサーリンク



鳥の雑学

今回は「文鳥の日」にちなんで「鳥の雑学」を紹介します。

鶏は一日でどれぐらいの卵を産めるのか

鶏が産卵するペースはとても速く、毎日のように卵を産んでいますよね。
それでは実際に鶏は一日どれぐらいのペースで卵を産んでいるのでしょうか。

実は1羽の鶏が卵を産むペースは最速でも1日1つまでが限界のようです。
鶏の体内で卵を形成する場合は、まずは成熟した卵黄が卵管の中に入って、そこから卵が形成されていきます。

卵管に入ってからはゆっくりと卵管を通過していき、1つの卵が形成されるために24時間から25時間の時間がかかります。
そのため、鶏が1日で埋める卵のペースは1つが限界なんですね。

何日か連続で卵を産み続けた後には1~2日の休憩があるので、実際には1年間で約280個というペースで卵を産むそうです。

おしどり夫婦はそんなに仲が良くない

仲の良い夫婦のことを「おしどり夫婦」なんて呼びますよね。
しかし、実際のオシドリの夫婦は特別仲が良い訳ではないのです。

オシドリは実は一夫多妻制で、夫婦でいるのは交尾期間の半年間のみです。
その後は一年ごとにパートナーを変えて一生を過ごします。

ではなぜ仲の良い夫婦の事を「おしどり夫婦」と呼ぶようになったのでしょうか。
この言葉は中国の故事成語であり、王の権力によって引き裂かれた夫婦の墓を向かい合わせに建てたところ、やがてお互いの墓から木が生え、その木にオシドリが棲みつき一晩中鳴いていたことからきています。

きっと故事に出てくる夫婦はとても仲良しで愛し合っていた夫婦だったのでしょうね。
間違ってもオシドリのような夫婦にはならないように気を付けましょう。

以上が鳥の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月24日)
国連デー
文鳥の日

■明日は何の日?(10月25日)
世界パスタデー
民間航空記念日

■昨日は何の日?(10月23日)
霜降
電信電話記念日
津軽弁の日

スポンサーリンク



フォローする