出雲ぜんざいの日の由来と面白い雑学、10月31日の今日は何の日?

出雲ぜんざいの日今日は何の日
10月31日の「今日は何の日?」は「出雲ぜんざいの日」です。
また「出雲ぜんざいの日」にちなんで「ぜんざい、おしるこ、あんみつの違い」「桜餅を包む葉には毒がある」など和菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月31日は出雲ぜんざいの日

今回は「出雲ぜんざいの日」について解説していきます!
なぜ10月31日が「出雲ぜんざいの日」なのかというと、10月31日という日付が「ぜん(10)ざい(31)」という語呂合わせであることが由来となっています。

また、出雲地方では10月が神在月であることも由来の一つとなっているそうです。
出雲地方では旧暦の10月が神在月と呼ばれていたそうで、神在祭に振る舞われたのが「神在もち(じんざいもち)」だったのです。

この「神在もち(じんざいもち)」が現在のぜんざいの原型になった食べ物であったとされています。
そんな「神在もち(出雲ぜんざい)」にちなんで、「出雲ぜんざいの日」という記念日が制定されることになりました。

「出雲ぜんざいの日」については、島根県出雲市の出雲観光協会によって制定されたそうです。
普段はあまりぜんざいを食べる機会が無いかと思いますので、ぜひこの日にはお近くのスーパーやコンビニでぜんざいを買ってみてくださいね。

スポンサーリンク

和菓子の雑学

出雲ぜんざいの日今日は何の日
今回は「出雲ぜんざいの日」にちなんで「ぜんざい、おしるこ、あんみつの違い」「桜餅を包む葉には毒がある」など和菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。

ぜんざい、おしるこ、あんみつの違い

ぜんざいやおしるこ、あんみつはどれもあんこや餅、白玉団子が使われていて、よく似た食べ物ですよね。
実はこれらの和菓子の呼び分けは、地域によって違いがあるそうなんです。

関東圏では汁気が多時には「おしるこ」と呼び、汁気が少ない時には「ぜんざい」と呼んでいるそうです。
一方で関西の方ではこしあんと使ったものを「おしるこ」と呼び、粒あんを使ったものを「ぜんざい」として区別しているようです。

そして、最後にあんみつについてですが、おしるこやぜんざいと決定的に違う部分が煮込んで作らないことです。
おしるこやぜんざいが温かいものであるのに対して、おしるこは基本的には冷たいデザートになります。

スポンサーリンク

桜餅を包む葉には毒がある

桜餅といえば餅が桜の葉の塩漬けなどで包まれているのが特徴的な和菓子ですよね。
とても風情の感じられる和菓子なのですが、実は桜の葉には毒が含まれているってご存じでしたか?

桜の葉に含まれる「クマリン」という成分が毒を生成するのですが、桜の木の近くにあまり雑草が生えないのもこの毒のおかげなのです。
桜の葉が地面に落ちることによって、雑草などが生えてこなくなることから、桜の木が強く育つことが出来るということですね。

そして、桜餅から発するいい匂いは「クマリン」が発している匂いだったのです。
毒があるといっても桜の葉をありえないぐらい大量に食べたりしない限りは人体に影響はないので、これからも安心して桜餅を食べてくださいね。

以上が和菓子の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月31日)
ハロウィン
天才の日
ガス記念日
出雲ぜんざいの日
そばの日
菜の日

■明日は何の日?(11月1日)
犬の日
紅茶の日
点字の日
ソーセージの日
あずきの日
釜飯の日

■昨日は何の日?(10月30日)
たまごかけごはんの日
マナーの日
初恋の日
リラクゼーションの日
みその日
EPAの日