11月1日は紅茶の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

紅茶の日今日は何の日
11月1日の「今日は何の日?」は「紅茶の日」です。
また「紅茶の日」にちなんで「紅茶と緑茶とウーロン茶の違い」「アメリカ独立のきっかけは紅茶」など紅茶にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月1日は紅茶の日

今回は「紅茶の日」について解説していきます!
なぜ11月1日が「紅茶の日」なのかというと、1791(寛政3)年11月1日に暴風雨のためロシアに漂着した大黒屋光太夫が、ロシアの当時の首都ペテルブルク(現在のサンクトペテルブルク)で女帝エカテリーナの茶会に招かれ、日本人としては初めて紅茶を飲んだことが由来となっています。

紅茶は西洋の文化というイメージが強いため、江戸時代にすでに紅茶を口にしている人がいたというのは驚きですよね。
その後、紅茶が日本に初めて輸入されたのは明治時代になってからのことであり、1880年代のことだったそうです。

しかし、日本には既に緑茶が存在していたため、紅茶はすぐに定着することはありませんでした。
1952(昭和37)年には大阪に日本で初めての紅茶専門店「MUSICA」が開店し、東京都内には1974(昭和49)年に初めて紅茶専門店ができたことから、徐々に日本人に紅茶が定着していくこととなりました。

現在では紅茶飲料のペットボトルもたくさん販売されていますし、喫茶店の定番メニューにもなって、日本人にとっても紅茶は欠かせない存在になりましたよね。
ちなみに、「紅茶の日」については日本紅茶協会によって1983(昭和58)年に制定された記念日となります。

スポンサーリンク

紅茶の雑学

今回は「紅茶の日」にちなんで「紅茶の雑学」を紹介します。

紅茶と緑茶とウーロン茶の違い

日本で飲まれているお茶には様々な種類のものがありますが、大きく分けて「紅茶」「緑茶」「ウーロン茶」となりますよね。
どれも独特の風味を持っているお茶となりますが、一体どのような違いがあるのでしょうか。

この3種類のお茶については使っている茶葉が違うと誤解されがちなのですが、実は使っている茶葉は全て同じなんです。
茶葉が同じであるのにも関わらず「紅茶」「緑茶」「ウーロン茶」の味や香りがなぜ違うのかというと、茶葉の発酵度合いが違うからなんですね。

緑茶については茶葉を発酵させないでそのまま飲みますが、紅茶は完全に茶葉を発酵させ、ウーロン茶については茶葉を半発酵にしています。
また、あまり日本に馴染みがないお茶の種類に「黄茶」や「白茶」というものがありますが、これについても茶葉は同じものを使っていて、弱発酵をさせて作っています。

アメリカ独立のきっかけは紅茶

アメリカはもともとイギリスの植民地ですが、実は独立したきっかけは紅茶にあったとされているんです。
18世紀の当時、イギリスの支配下にあったアメリカで紅茶が流行したことから、イギリスは自国の利益を獲得するためにアメリカに対して「紅茶税」という税金を設けました。

しかし、この「紅茶税」はアメリカの国民から強い反発を買う事になってしまい、イギリス商品の不買運動などが始まりました。
そして、東インド会社の船に積まれていてた茶箱を海へと捨ててしまった、いわゆる「ボストン茶会事件」というものが発生してしまいました。

国民の間では更に「茶税反対運動」が活発となり、やがてアメリカ国民の間に独立の動きが見えてきて、最後にはイギリスの植民地支配から逃れて独立へと至ったのです。
アメリカではコーヒーが飲まれる事が多いのですが、これは紅茶の不買運動が行われた時にコーヒーを飲む人が増えたためだとされています。

以上が紅茶の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月1日)
犬の日
紅茶の日
点字の日

■明日は何の日?(11月2日)
キッチン・バスの日
タイツの日

■昨日は何の日?(10月31日)
ハロウィン
天才の日
ガス記念日

スポンサーリンク

フォローする