11月3日は文化の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

文化の日今日は何の日
11月3日の「今日は何の日?」は「文化の日」です。
また「文化の日」にちなんで「実は歌舞伎が由来となっている言葉」「茶道で茶碗を回す理由」など日本文化にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月3日は文化の日

今回は「文化の日」について解説していきます!
「文化の日」については、国民の祝日に関する法律によって制定された日本の国民の祝日の一つとなります。

国民の祝日に関する法律の第2条によるとこの日を「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という事を趣旨とした日としています。
11月3日という日付については、1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められました。

「文化の日」が制定される以前も実は11月3日については祝日となっていました。
1873年(明治6年)に公布された年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム(明治6年太政官布告第344号)によると、「天長節」という名前の明治天皇の誕生日による休日となっていました。

また、1927年(昭和2年)に改正された休日ニ関スル件でも11月3日を「明治節」としていて、こちらも明治天皇の誕生日が由来となっている休日となっていました。
このように、11月3日は元々は明治天皇の誕生日であることから、「文化の日」を「明治の日」に改称しようとする運動も起きているそうです。

「明治の日推進協議会」という団体が発足されていて、署名活動や政界への働きかけも行われています。

スポンサーリンク

日本文化の雑学

今回は「文化の日」にちなんで「日本文化の雑学」を紹介します。

実は歌舞伎が由来となっている言葉

日本の伝統芸能である歌舞伎ですが、歌舞伎の歴史は古く、実は普段から使っている言葉の中にも歌舞伎が由来となっている言葉もあるのです。
例えば「大詰(おおづめ)」という言葉についてですが、これは歌舞伎が昔は2本立てで行われていて、1本目の時代劇が終わる時の場面を「大詰」と呼んだことが由来となっている言葉です。

他にも「修羅場」という言葉がありますが、これも歌舞伎が由来となっている言葉となります。
「修羅場」といえば「男女の痴情のもつれ」という意味で使われていますが、歌舞伎では合戦のシーンや男女の激しいやり取りを修羅場と呼んでいるため、これが由来となっているのです。

また「なあなあ」という言葉も歌舞伎が由来の言葉となります。
元々は内緒話をする時に使われていたもので、内緒話をする時には「なあ」と話しかけ、相手も「なあ」と答えることが由来となっています。

茶道で茶碗を回す理由

茶道の作法の一つで最も有名なものは、お茶を出されたらお茶を飲む前に茶碗を回してから飲む作法ですよね。
なんとなく作法なのでそれに従って行っているかもしれませんが、そもそもなぜお茶を飲む前に茶碗を回しているのかを知っていましたか?

実は茶碗には正面となっている部分があって、正面には絵柄などが入っていて一番奇麗な面となっているのです。
茶道でお茶でお客さんをもてなす側は、この一番の見どころである正面の部分をお客さんへ向けて出すのが作法となっています。

つまり、茶碗を回さずにそのまま飲んでしまうと、一番奇麗で見どころのある正面の部分に口をつけて飲むことになってしまうんですね。
茶碗を回すのは正面の部分に口をつけて飲むのを避けるためであり、その作法には客側の謙遜の意味が込められているのでした。

以上が日本文化の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月3日)
文化の日
まんがの日
ハンカチーフの日

■明日は何の日?(11月4日)
ユネスコ憲章記念日
かき揚げの日

■昨日は何の日?(11月2日)
キッチン・バスの日
タイツの日

スポンサーリンク

フォローする