きものの日の由来と面白い雑学、11月15日の今日は何の日?

きものの日今日は何の日
11月15日の「今日は何の日?」は「きものの日」です。
また「きものの日」にちなんで「着物の襟を右前にする理由」「着物を売る店が呉服屋と呼ばれる理由」など着物にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月15日はきものの日

今回は「きものの日」について解説していきます!
なぜ11月15日が「きものの日」なのかというと、日本では11月15日が古くから七五三のお宮参りの日であることが由来となっています。

また、七五三が子供たちの成長を願う日でもあり、きもの姿がよく似合う日であることも由来の一つとなっています。
「きものの日」については全国2000店の呉服店で組織された「日本きもの連盟」によって制定された記念日となります。

きものの文化や美しさを発信し、きものを着る運動のシンボル的な日にすることを目的として制定されました。
日本では伝統的である着物ですが、最近では特別な日にしか着られることが無くなってしまったのがなんだか寂しいですよね。

着物の着付けは煩わしく、戦後に洋服が日本に入ってくるようになると、安価で実用的な洋服の流行に伴い、私服で着物を着る人は一気にいなくなってしまったそうです。
少し前までは当たり前のように着物を普段着としている人がいたのに、ほんの100年以内で一気に日本人の普段着が変化していったと思うと不思議な気持ちになりますよね。

スポンサーリンク

着物の雑学

きものの日今日は何の日
今回は「きものの日」にちなんで「着物の襟を右前にする理由」「着物を売る店が呉服屋と呼ばれる理由」など着物にまつわる面白い雑学を紹介します。

着物の襟を右前にする理由

普段から着物や浴衣を着ている人には当たり前かもしれませんが、着付ける時には襟を右前にしますよね。
「右襟」と呼ばれる着付けの作法ですが、久しぶりに着物や浴衣を着つける時に、どちらを前にしていいかわからなくなる人も多いはず。

実は「右襟」の作法が出来たのは719年のことで、歴史でも習ったことのある聖武天皇が国を治めている時代のことでした。
当時の中国の最新の文化では襟を右前にしていたのですが、これを日本でも真似して719年に取り入れることにしたんですね。

今では想像がつかないかもしれませんが、それまでは日本人が着物を着つける時には左前にするのが一般的だったのです。
当時は「天皇から見て左襟をかくして、右襟を前に出す」という法律まであったそうで、これは天皇の威信を保つためのルールでもありました。

スポンサーリンク

着物を売る店が呉服屋と呼ばれる理由

着物を「和服」の一種ですが、なぜか着物が売られている店の名前は「和服屋」ではなく「呉服屋」と呼ばれますよね。
そのルーツとなった時代は5世紀後半の頃、雄略天皇が国を治めている時代のことでした。

日本書紀にはこの時代に「技術の優れた機織り職人を呉(中国)から招いた」という記録が残っているそうです。
そして、日本から見て中国は日が落ちる方向にあることから、日暮れの方向であり、呉のことを「くれ」と呼んでいたのです。

その後、呉の国の絹を折る職人達は「くれはとり」と呼ばれるようになり、「呉服」が漢字としてあてられました。
時代が進むにつれて「呉服(くれはとり)」は音読みで読まれるようになり、現代では「ごふく」と呼ばれるようになったのです。

以上が着物の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月15日)
ボジョレーヌーボー解禁日
七五三
昆布の日
かまぼこの日
きものの日
お菓子の日
中華の日

■明日は何の日?(11月16日)
幼稚園記念日
録音文化の日
ぞうさんの日
エコの日
トロの日

■昨日は何の日?(11月14日)
いい石の日
アンチエイジングの日
パチンコの日
ひよこの日