12月16日は電話創業の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

電話創業の日今日は何の日
12月16日の「今日は何の日?」は「電話創業の日」です。
また「電話創業の日」にちなんで「電話の時にもしもしと言う理由」「昔は119番ではなく112番だった」など電話にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月16日は電話創業の日

今回は「電話創業の日」について解説していきます!
なぜ12月16日が「電話創業の日」なのかというと、1890(明治23)年12月16日に東京市内と横浜市内の間で日本初の電話事業が開始したことが由来となっています。

現在は当たり前のように使われている電話ですが、創業開始当時の加入者は東京で155人、横浜で42人しかいませんでした。
当時の固定電話も定額料金であり、東京では40円、横浜は35円となっていて、一見すると格安に見えるかも知れませんが、現在の貨幣価値に換算すると40円は12万円ぐらいの価値があったそうです。

明治時代のこの頃には米15kgが1円で買えた時代だったため、固定電話のサービスに加入していた家庭はよほど裕福であったことがわかりますよね。
また、当時の電話の特徴としては現在のように直接相手の電話へと電話をかけることが出来ずに、「交換手」を経由してしか電話をかけることが出来ませんでした。

まずは電話をかける際には中継局に電話をして「~~さんお願いします。」といった感じで交換手の人に電話を繋いでもらっていたんですね。
その後は少しずつ電話が庶民にも普及していくようになってき、第二次世界大戦がはじまる前までには加入者が100万人を超えるまでになっていました。

スポンサーリンク

電話の雑学

今回は「電話創業の日」にちなんで「電話の雑学」を紹介します。

電話の時にもしもしと言う理由

電話をかける時に使う言葉は「もしもし」が一般的となっていますが、この電話でしか使わない「もしもし」はどこから来た言葉なのかとても不思議ですよね。
実はこの「もしもし」という言葉は女性が「申します、申します」という言葉を縮めたものなんですね。

「もしもし」といえば女性が使う言葉だったため、男性は「もしもし」という言葉は使わずに、電話口で相手へ呼びかける時には「おいおい」と言っていたそうです。
先ほど電話は中継局の交換手にかけてから繋いでもらうものだと説明しましたが、交換手に「おいおい」と呼びかけてから、「はい、ようござんす」と返答があったら電話を繋いでもらう方法が一般的でした。

最初は男性の交換手もいたことから「おいおい」が使われていましたが、やがて電話の交換手が女性しかいなくなったことから「もしもし」しか使われなくなりました。
そして、電話が全国的に普及して一般的になったころには既に「もしもし」という言葉しか残されていなかったんですね。

昔は119番ではなく112番だった

現在では警察へと通報する際には110番であり、火災が発生した時や怪我など救護が必要となった場合には119番と決まっていますよね。
しかし、昔は119番という電話番号は存在していなかったって知っていましたか?

現在でいうところの119番は「火事通報専用ダイヤル」という正式名称があり、「火事通報専用ダイヤル」が始まったのは1926年のことでした。
その当時のダイヤルはなんと「112番」だったのです。

なぜ現在のように「119番」になったのかというと、当時の電話はダイヤルを回すいわゆる「黒電話」が主流であり、すぐに電話のかけられる「112番」を設定した結果、電話のかけ間違いが多発したそうなんです。
そのため、その翌年の1927年には「112番」から落ち着いて電話がかけられる「119番」へと変更されたのでした。

以上が電話の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月16日)
電話創業の日
紙の記念日

■明日は何の日?(12月17日)
飛行機の日

■昨日は何の日?(12月15日)
観光バス記念日

スポンサーリンク

フォローする