12月18日は東京駅完成記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

東京駅完成記念日今日は何の日
12月18日の「今日は何の日?」は「東京駅完成記念日」です。
また「東京駅完成記念日」にちなんで「電車に定員オーバーはないの?」「人身事故が起きたら誰が処理をするのか」など電車にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月18日は東京駅完成記念日

今回は「東京駅完成記念日」について解説していきます!
なぜ12月18日が「東京駅完成記念日」なのかというと、1914(大正3)年12月18日に東京駅の完成式が行われたことが由来となっています。

実は東京駅の建設計画については1889(明治22)年から行われていました。
その当時に、神戸まで全通した官設鉄道の新橋駅と、私鉄である日本鉄道の上野駅を結ぶ高架鉄道の建設が計画されていたのですが、この新線の途中に中央停車場を建設することが立案され、これが東京駅となったのです。

1896(明治29)年にこの計画が可決されて以来、日清戦争や日露戦争による影響がによって建設工事が遅れてしまいましたが、1908(明治41)年からは建設工事が本格化し、6年の歳月をかけて工事を完了させました。
そして元々は「中央停車場」とされていたものが、皇居の正面に建設されたことから「東京駅」と名付けられたのです。

1914年12月18日に完成式が行われて、実際に開業したのは2日後である12月20日のことでした。
1923年には関東大震災による被災がありましたが、奇跡的に大きな被害を受けることはなく、その後も東京駅を中心として日本の鉄道は順調に発展していきました。

スポンサーリンク

電車の雑学

今回は「東京駅完成記念日」にちなんで「電車の雑学」を紹介します。

電車に定員オーバーはないの?

関東圏に住んでいる人は普段から味わっているかと思いますが、通勤ラッシュの電車内は混みすぎてまさに地獄のような時間ですよね。
駅員が無理やり乗り込もうとする人を押しこむことは日常茶飯事ですし、過去には混雑しすぎて窓ガラスに圧力がかかって電車の窓が破損したこともあるそうです。

乗車率が100%を超えることは当たり前であり、時には乗車率が200%などになることもありますが、そもそもここまで混雑して定員オーバーにならないのでしょうか。
実は電車に関しては「サービス定員」という考え方が適用されているため、定員をオーバーしていたとしても電車の運行上に支障がないため、乗車することが許されているのです。

そもそも電車の乗客は定員オーバーの状態である事に納得して乗車をしており、鉄道会社が強制的に客を電車に押し込めている訳ではないため、法律上の問題はないとされています。

人身事故が起きたら誰が処理をするのか

残念なことに電車での人身事故が多い世の中です。
人身事故が起きた時の処理のバイトがあるという噂も出回っているようですが、実際にはどのように行われているのでしょうか。

事故処理は駅員や運転士が行っています。
遺体を移動させ、車体についた血痕や肉片を洗い流すのです。

電車の場合は例え人身事故という大きな自体が発生しても、何百人、何千人の乗客に影響が無いよう、即刻運行を再開させなければなりません。
もちろん警察官も駆けつけますが、それよりも早く事故処理が始められるのです。

また、人身事故が発生したことを素早く他の駅員に知らせる為に、運転士は警笛を短く数回、その後に長く鳴らします。
この警笛はなるべく耳にしたくないものですね。

以上が電車の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月18日)
国際移民デー
国連加盟承認の日
東京駅完成記念日

■明日は何の日?(12月19日)
日本人初飛行の日

■昨日は何の日?(12月17日)
飛行機の日

スポンサーリンク

フォローする