12月19日は日本人初飛行の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

日本人初飛行の日今日は何の日
12月19日の「今日は何の日?」は「日本人初飛行の日」です。
また「日本人初飛行の日」にちなんで「機長と副操縦士は違うものを食べる」「実はエコノミークラスの方が安全」など飛行機にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月19日は日本人初飛行の日

今回は「日本人初飛行の日」について解説していきます!
なぜ12月19日が「日本人初飛行の日」なのかというと、1910(明治43)年12月19日に東京・代々木錬兵場(現在の代々木公園)で徳川好敏工兵大尉が日本初飛行をさせたことが由来となっています。

その時の飛行時間は4分であり、最高高度は70m、飛行距離は3000mだったそうです。
しかし、実際には5日前の12月14日に飛行には成功していたそうですが、公式の飛行実施予定日ではなかったことから「滑走の余勢で誤って離陸」と報告されていました。

「徳川好敏」という名前で気づいたかもしれませんが、徳川好敏は徳川御三卿の一つである清水徳川家の人間でした。
しかし、当時の清水徳川家は徳川家の血筋でありながらその権威は没落状態にあったそうです。

先代である徳川篤守は経済的に困窮をしていたことから爵位を返上し、その後は禁固刑を下されるなど不名誉な状態となっていたのです。
そのため「日本初飛行」という名誉は清水徳川家にとっては徳川御三家の一家としての名誉回復の機会としては、またとないチャンスだったとされています。

また、清水徳川家があまりにも没落していたため、名誉を回復してあげたいという華族の意向から、徳川好敏に「日本初飛行」の名誉が与えられたとされています。

スポンサーリンク

飛行機の雑学

今回は「日本人初飛行の日」にちなんで「飛行機の雑学」を紹介します。

機長と副操縦士は違うものを食べる

飛行機には機長の他にも副操縦士などが乗っていますよね。
実はこの機長と副操縦士では機内食が別メニューとなっているのは知っていましたか?

もちろん機長の方が偉いから特別なメニューが用意されているというわけではありません。
もしも同じ機内食を同じタイミングで食べてしまって、一気に二人の操縦士が食中毒を起こしてしまうと、飛行機の運行に支障が出てしまいます。

そのため、機内食については別メニューが用意されていて、さらに食べるタイミングもずらして食べるようにしているのです。
飛行機もたくさんの命を預かって運行していることから、ちゃんと乗客の安全を第一に考えて運行するようにしているんですね。

実はエコノミークラスの方が安全

飛行機の座席は「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「エコノミークラス」などに分かれていて、「ファーストクラス」などの方が座席が広く、より良いサービスが受けられますよね。
しかし、実は飛行機が事故を起こした場合にはエコノミークラスの方が助かる率が高いのです。

なぜなら「ファーストクラス」の座席については乗り降りがしやすいように前方に配置されているからなんです。
過去の飛行機の墜落事故などを見ても、生存率が高いのは圧倒的に後方の座席となっているのです。

墜落事故じゃなかったとしても、火災などが発生した際に脱出しやすくなっているのは非常口付近の座席であって、座席が前の方にあると脱出が遅れてしまうこともあるそうです。
以上が飛行機の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月19日)
日本人初飛行の日

■明日は何の日?(12月20日)
デパート開業の日
シーラカンスの日
ブリの日

■昨日は何の日?(12月18日)
国際移民デー
国連加盟承認の日
東京駅完成記念日

スポンサーリンク

フォローする