腸内フローラの日の由来と面白い雑学、1月26日の今日は何の日?

1月26日の「今日は何の日?」は「腸内フローラの日」です。
また「腸内フローラの日」にちなんで「ヨーグルトは温めると効果が上がる」「ヨーグルトから出てくる水分って何?」などヨーグルトにまつわる面白い雑学を紹介します。


1月26日は腸内フローラの日

今回は「腸内フローラの日」について解説していきます!
なぜ1月26日が「腸内フローラの日」なのかというと、1月が年末年始で食生活が乱れやすいことと、26日が「フ(2)ロ(6)ーラ」という語呂合わせであることが由来となっています。

「腸内フローラの日」についてはカゴメ株式会社大阪支店によって制定された記念日となります。
この日を制定することによって、乳酸菌や食物繊維で腸内フローラを調えることをアピールすることが目的となっています。

腸内フローラという言葉は聞いたことがあっても、腸内フローラが一体なんなのか知らないという人も多いですよね。
まず、人間の腸内には多種多様な最近が住んでおり、小腸の終わりあたりから大腸にかけて腸内細菌がグループ毎に腸内の壁面にびっしりと生息しています。

そして、この細菌を観察してみると、まるで直物が種ごとに群生しているお花畑のように見えることから「腸内フローラ(花畑)」と呼ばれるようになったのです。
年末年始で腸の調子が崩れてしまったという方は、積極的に乳酸菌や食物繊維を摂取して腸内フローラを整えるようにしてくださいね。


ヨーグルトの雑学

今回は「腸内フローラの日」にちなんで「ヨーグルトは温めると効果が上がる」「ヨーグルトから出てくる水分って何?」などヨーグルトにまつわる面白い雑学を紹介します。

ヨーグルトは温めると効果が上がる

ヨーグルトは腸内環境を改善して便秘を解消したり、美容にも良いことで知られていますよね。
実は、ヨーグルトを温めてホットヨーグルトにすることにより、更に効果がパワーアップするって知っていましたか?

ヨーグルトは基本的に冷蔵庫で保存しますが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は冷たい状態では活性が鈍くなるのです。
そして、乳酸菌が活発に動き出すのが38℃~40℃程度であり、そのため人間の体内で乳酸菌は活発に活動してくれるんですね。

そのことから、ヨーグルトを最初から38℃~40℃に温めておくことにより、腸に届くころには更に動きが活発になるのです。
温めたヨーグルトが苦手という方は、はちみつなどを加えると食べやすくなるため、オススメです。


ヨーグルトから出てくる水分って何?

ヨーグルトの容器を開封したり、開封してから少しの時間が経過すると、ヨーグルトから水分が出てくることがありますよね。
この水分を見て、ヨーグルトが傷んだり腐ったりしてるのではないかと不安になる方も多いかもしれません。

実はこの水分については身体によいものであることから、そのまま食べてしまっても大丈夫なんです。
ヨーグルトから出てくる水分の正体は「ホエイ」であり、ホエイは別名「乳清」とも呼ばれています。

ホエイの主成分は良質なタンパク質であり、身体への吸収されやすいこともあり、サプリメントやプロテインにも利用されています。
ホエイにはしなやかな筋肉をつける効果もある他、肌を綺麗にするなども効果があるので、捨てずに食べるようにしましょう。

以上がヨーグルトの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(1月26日)
文化財防火デー
コラーゲンの日
腸内フローラの日
プルーンの日
風呂の日

■明日は何の日?(1月27日)
国旗制定記念日
求婚の日
アフターフォローの日
ツナの日
仏壇の日
交番の日

■昨日は何の日?(1月25日)
中華まんの日
ホットケーキの日
美容記念日
歯茎の日
プリンの日