人口調査記念日の由来と面白い雑学、1月29日の今日は何の日?

1月29日の「今日は何の日?」は「人口調査記念日」です。
また「人口調査記念日」にちなんで「日本は100歳以上の人口が世界一」「日本は狭いのに人口が多い理由」など人口にまつわる面白い雑学を紹介します。


1月29日は人口調査記念日

今回は「人口調査記念日」について解説していきます!
なぜ1月29日が「人口調査記念日」なのかというと、1872年1月29日に日本初の全国戸籍調査が行われた事が由来となっています。

全国戸籍調査が行われた結果、当時の人口は男性が1679万6158人、女性が1631万4667人で合計が3311万825人ということがわかりました。
その後、人口が増え続けた結果、2017年の調査では1.268億人となっています。

日本は人口が順調に増え続けてきたように思えますが、2015年には1920年の国勢調査が開始して以来、初めて人口が減少したことで話題になりました。
そして、今後も急激に人口が増加する見込みがないことから、ついに日本は人口減少社会に突入することとなったのです。

世界中を探しても日本ほどのスピードで人口減少と高齢化が進んでいる国はなく、地方ではすでに過疎化が始まっています。
他にもGDPが減少したり、労働力が減少することによって日本経済が衰退、年金問題も発生しているなど、高齢化社会は日本に深刻な影響を与えているのです。


人口の雑学

今回は「人口調査記念日」にちなんで「日本は100歳以上の人口が世界一」「日本は狭いのに人口が多い理由」など人口にまつわる面白い雑学を紹介します。

日本は100歳以上の人口が世界一

日本は世界に比べると深刻なまでに少子高齢化が進んでいることは解説しましたよね。
それもそのはずで、実は日本は100歳以上の人口が世界で一番多い国なのです。

これは医療が他国に比べて発達していることや、治安の良さなどの影響だと考えられています。
また、他の国と比べて日本は独自の食文化を持っていることも、日本人の寿命をのばしている一因だと考えられています。

100歳以上の人口が世界でトップになったのは2014年時点ですが、2014年以降でさらに100歳以上の人口が増え続けていることから、現在も世界でトップクラスの長寿国であることに変わりはありません。
人間が長く生きられるようになったことは良いことですが、子供の数が一向に増えていかないのは深刻ですよね。


日本は狭いのに人口が多い理由

日本は他の人口の多い国に比べると面積が狭く、小さな島国ですよね。
ここまで狭い島国なのに、なぜここまで人口が増え続けたのかというと、日本人の身体が丈夫に出来ているからだとされています。

その昔、南北から様々な人種が集まって混血となり、現在の日本人と呼ばれる民族が誕生しました。
そのため、様々な種族の血が流れている結果、抵抗力が強く、様々なものに対する態勢のある人種となったのです。

また、南北に長い島国というのも日本人の生命力を強くする要因となっています。
北海道が雪国なのに対して、沖縄が南国のような暖かさであることから、その血が混ざり合い、様々な環境に対する抵抗力も備わっているそうです。

以上が人口の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...

■今日は何の日?(1月29日)
昭和基地開設記念日
タウン情報の日
人口調査記念日
ふくの日

■明日は何の日?(1月30日)
3分間電話の日
殉教者の日
孝明天皇祭
みその日
EPAの日

■昨日は何の日?(1月28日)
コピーライターの日
衣類乾燥機の日
逸話の日
にわとりの日