仁丹の日の由来と面白い雑学、2月11日の今日は何の日?

2月11日の「今日は何の日?」は「仁丹の日」です。
また「仁丹の日」にちなんで「薬の錠剤は敢えて大きく作ってある」「風邪を治す薬は存在しない」など薬にまつわる面白い雑学を紹介します。


2月11日は仁丹の日

今回は「仁丹の日」について解説していきます!
なぜ2月11日が「仁丹の日」なのかというと、1905年2月11日が仁丹の発売日であることが由来となっています。

また、仁丹の製造・販売を行っている森下仁丹株式会社の創業日であることも由来の一つとなっています。
「仁丹の日」については口中清涼剤である仁丹を開発した、大阪市に本社を置く森下仁丹株式会社によって制定された記念日となります。

森下仁丹は100年以上に渡って製造・販売が続けられており、現在でも年配者の方を中心として愛用されている製品です。
若い年代になってくると、「仁丹」を知らないという人も増えており、代わりにフリスクやミンティアを愛用している人が多いですよね。

仁丹は銀色で独特な見た目をしていますが、これは仁丹が銀箔によってコーティングされているからなのです。
銀箔は高級感を出すために使われているわけではなく、銀の殺菌効果を利用して、長期間の保存を可能のするためなんですね。


薬の雑学

今回は「仁丹の日」にちなんで「薬の錠剤は敢えて大きく作ってある」「風邪を治す薬は存在しない」など薬にまつわる面白い雑学を紹介します。

薬の錠剤は敢えて大きく作ってある

薬には錠剤タイプのものがありますが、実は錠剤についてはわざと大きく作られているのです。
薬の成分で「〇〇ミリグラム配合」という言葉を耳にするかと思いますが、1グラムですらごく少量ですし、ミリグラムだとかなり少ないことがわかりますよね。

その薬の有効成分だけで薬を作ろうとすると、錠剤の一粒一粒が小さくなってしまうのです。
錠剤が小さいと、薬を取り出すときにも不便ですし、落とした場合にどこへ行ったのかもわからず、色々な弊害を生みます。

そのため、薬を錠剤にする際には、薬の有効成分と、人体に害の無い添加剤を混ぜ合わせて圧縮して作られているのです。
一般的には8mmグラムが飲みやすい大きさだとされていて、その大きさを目安にして錠剤が作られています。


風邪を治す薬は存在しない

風邪薬というものは存在しますが、そもそも風邪を治す薬は存在しないってご存じでしたか?
一般的に風邪薬と呼ばれているものは、すべて風邪のウイルスを死滅させるものではなく、風邪の症状を和らげるだけなのです。

そのため、薬を飲んだからといって風邪の具合が劇的に良くなったり、急に風邪が治るということはありえないんですね。
それでは風邪を治すためにはどうしたら良いのかというと、しっかりと水分と栄養を取って眠り、体力を回復させるのが最適です。

風邪薬は風邪を治すことはできませんが、症状が和らぐことから、水分や食べ物を摂取しやすくしたり、眠りやすくなり、体力を回復させる効果があります。
基本は自分の免疫力で風邪を治すことになりますが、あまりにも体調不良が続くようであれば他の病気の可能性もありますので、市販の風邪薬ではなく病院で処方された薬を飲むようにしましょう。

以上が薬の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...

■今日は何の日?(2月11日)
建国記念の日
わんこそば記念日
仁丹の日
麺の日
おかあちゃん同盟の日

■明日は何の日?(2月12日)
レトルトカレーの日
ボブスレーの日
ダーウィンの日
黄ニラ記念日
わんにゃんの日
育児の日

■昨日は何の日?(2月10日)
ふとんの日
ニットの日
簿記の日
海の安全祈念日
豚丼の日
イカの日
コッペパンの日