嫌煙運動の日の由来と面白い雑学、2月18日の今日は何の日?

2月18日の「今日は何の日?」は「嫌煙運動の日」です。
また「嫌煙運動の日」にちなんで「喫煙家に痩せている人が多い理由」「タバコ1本でどの程度の寿命が縮まる?」などタバコにまつわる面白い雑学を紹介します。


2月18日は嫌煙運動の日

今回は「嫌煙運動の日」について解説していきます!
なぜ2月18日が「嫌煙運動の日」なのかというと、1978年2月18日に東京・四谷で「嫌煙権確立をめざす人々の会」が設立されたことが由来となっています。

この時代には既に札幌市に「非喫煙者を守る会」という団体が存在していましたが、「日照権」をヒントにして作られた「嫌煙権」という新語のアピールによって嫌煙運動が全国に広まりました。
2019年時点ではどこのお店でも分煙が進んでおり、タバコを吸わない人がタバコの煙に悩まされることはほとんどなくなりましたよね。

副流煙による受動喫煙についても注目が高まり、神奈川県や兵庫県では「受動喫煙防止条例」の施行が始まっています。
単純にタバコの臭いが嫌いだという人も多いのですが、実は臭い以上に健康への影響がとても大きいのです。

タバコの煙には200種類もの有害物質が含まれており、なんとそのうちの70種類は発がん性物質だということがわかっています。
そして、本人が吸い込んでいる主流煙よりも、副流煙の方がずっと多くの有害物質を含んでいるんですね。


タバコの雑学

今回は「嫌煙運動の日」にちなんで「喫煙家に痩せている人が多い理由」「タバコ1本でどの程度の寿命が縮まる?」などタバコにまつわる面白い雑学を紹介します。

喫煙家に痩せている人が多い理由

タバコを吸っている人にも太っている人がいないわけではありませんが、どちらかというと痩せている人が多いですよね。
というのも、実は喫煙の有無と痩せていることには関連性があり、実際にタバコを吸う人には痩せている人が多いというデータもあるのです。

なぜタバコを吸っている人が痩せているのかというと、タバコに含まれているニコチンには空腹感を抑制する作用があるからなんです。
また、血糖値を上げる作用もあることから、余計な飲食をせずに済むため、そのため太りにくいのです。

しかし、逆にタバコを止めた場合に急激に体重が増加して太ってしまうケースもあるようです。
今までニコチンによって空腹感が抑えられていたため、タバコを止めたことによっていつも以上に空腹を感じてしまうようになるのです。


タバコ1本でどの程度の寿命が縮まる?

タバコを吸うと寿命が縮まるという話を聞いたことがありませんか?
それでは実際にタバコを吸うとどの程度寿命が縮まるのかというと、1本で14.4分の寿命が縮まるといわれています。

これはイギリスの医学誌である「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に書かれていた内容で、20歳から1日20本のタバコを吸った場合のケースです。
それから50年間タバコを吸い続けたとすると、合計で36万本のタバコを吸ったことになります。

この場合には男性が8年、女性は10年物寿命が縮んでしまうんですね。
これをタバコ1本1本で計算していくと、1本で14.4分という計算になるようです。

以上がタバコの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...

■今日は何の日?(2月18日)
冥王星の日
エアメールの日
嫌煙運動の日
ホタテの日
防犯の日

■明日は何の日?(2月19日)
雨水
プロレスの日
天地の日
万国郵便連合加盟記念日
シュークリームの日
松阪牛の日

■昨日は何の日?(2月17日)
天使のささやきの日
切り干し大根の日
中部国際空港開港記念日
いなりの日
減塩の日
国産なす消費拡大の日