漱石の日の由来と面白い雑学、2月21日の今日は何の日?

2月21日の「今日は何の日?」は「漱石の日」です。
また「漱石の日」にちなんで「夏目漱石はロンドンで発狂した」「夏目漱石が飼っていた名前は猫」など夏目漱石にまつわる面白い雑学を紹介します。


2月21日は漱石の日

今回は「漱石の日」について解説していきます!
なぜ2月21日が「漱石の日」なのかというと、1911年2月21日に文部省が作家・夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたことが由来となっています。

ところが、夏目漱石は当時の文部省の専門学務局長である福原鐐二郎あてに手紙を出し、文覚博士の称号を辞退しました。

福原鐐二郎に宛てた手紙の中には、辞退した理由について記されていました。
「小生は今日まで、ただの夏目なにがしとして世を渡って参りましたし、これから先もやはり、ただの夏目なにがしで暮らしたい希望を持っております。従って、私は博士の学位を頂きたくないのであります」

つまり、自分はこれまで自分の力で生きてきたから、これからも肩書などに頼らず、自分の力を生きていきたいという旨が書かれているのです。
変わり者で知られていたこともあり、文覚博士の称号を辞退したことも、世間からはパフォーマンスなのではないかとする声も挙がっていたそうです。

手紙の内容から、夏目漱石は自分の人生を自分の足で歩んできた自負やプライドがあったため、文部省の後ろ盾や権威の下で筆を持つということを嫌ったのかもしれませんね。


夏目漱石の雑学

今回は「漱石の日」にちなんで「夏目漱石はロンドンで発狂した」「夏目漱石が飼っていた名前は猫」など夏目漱石にまつわる面白い雑学を紹介します。

夏目漱石はロンドンで発狂した

夏目漱石が千円札の肖像画として選ばれた理由は、ロンドン留学をした功績があったからだとされています。
しかし、夏目漱石はロンドン留学中に発狂したこともあるそうで、留学をきっかけにしてロンドンが大嫌いになってしまったのです。

ロンドン留学は自らが望んだものではなく、文部省の命令によるものでした。
そのため、夏目漱石は英語を満足にしゃべることが出来ず、現地で英語が喋れないことからいじめられてしまったんですね。

その孤独と困窮した生活から夏目漱石は精神を病んでしまい、ついには発狂したという情報が日本にも伝わったとされています
現代ですら日本人は海外で差別を受けることがあるそうですし、当時の日本人に対する差別は現在のものとは比較にならなかったでしょう。


夏目漱石が飼っていた名前は猫

夏目漱石の作品の中でも「吾輩は猫である」は有名な作品ですが、実はこの猫は熱芽漱石の家に住み着いた猫がモデルになっています。
「吾輩は猫である」の冒頭文が「吾輩は猫である。名前はまだない。」とありますが、実際に夏目漱石が飼っていた猫に名前はなかったのです。

そのため、猫のことをそのまま「ねこ」と呼んでいたそうで、強いて言うなら「ねこ」という名前の猫だったんですね。
その後、猫が死んでしまってからも名前が付けられることがなかったことから、猫のために建てたお墓にも「猫の墓」と書かれていました。

一見すると愛情を注いでなかったように見えるかもしれませんが、お墓を建てたことから猫に愛情を注いでいたことがわかります。
また、猫が死んでしまった時には、その旨を友人に伝えるために死亡通知を送っていたそうです。

以上が夏目漱石の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(2月21日)
日刊新聞発刊の日
国際母語デー
漱石の日
漬物の日
myDIYの日

■明日は何の日?(2月22日)
猫の日
ヘッドホンの日
忍者の日
おでんの日
ショートケーキの日
禁煙の日
カニカマの日

■昨日は何の日?(2月20日)
歌舞伎の日
アレルギーの日
キヌアの日
ワインの日
発芽野菜の日