父の日の由来と面白い雑学、2021年6月20日の今日は何の日?

6月20日の「今日は何の日?」は「父の日」です。
また「父の日」にちなんで「父の日に黄色いリボン贈る理由」「父の日は国によって日付が違う」など父の日にまつわる面白い雑学を紹介します。

6月20日は父の日

今回は「父の日」について解説していきます!
父の日は毎年6月の第3日曜日であることからその年により日付が変わり、2021年の父の日については6月20日となります。

普段は仕事で忙しくお父さんとなかなか顔を合わせないという人や、すでに実家を離れている人にとってはお父さんに感謝を示すいい機会ですよね。
父の日は母の日と同じで実はアメリカから伝わったものなのです。

母の日が制定された時点ではまだ父の日は存在していませんでした。
そこで、ソノラ・スマート・ドットという人物が母の日と同じように父親にも感謝する日が必要だとして、牧師協会へと働きかけました。

その後、アメリカ合衆国第28代の大統領であるウッドロー・ウィルソンによって父の日の演説が行われたことによって、父の日が広く知られることになるのでした。
6月の第3日曜日が父の日となったのは1966年のことで、これもアメリカ合衆国第36代の大統領であるリンドン・ジョンソンによって定められたものでした。

父の日の雑学

今回は「父の日」にちなんで「父の日に黄色いリボン贈る理由」「父の日は国によって日付が違う」など父の日にまつわる面白い雑学を紹介します。