雪見だいふくの日の由来と面白い雑学、11月18日の今日は何の日?

11月18日の「今日は何の日?」は「雪見だいふくの日」です。
また「雪見だいふくの日」にちなんで「雪見だいふくは昔違う商品名だった」「昔はアイスは薬として食べていた」などアイスにまつわる面白い雑学を紹介します。


今日は何の日?

10月28日は…

11月18日は雪見だいふくの日

今回は「雪見だいふくの日」について解説していきます!
なぜ11月18日が「雪見だいふくの日」なのかというと、11月という日付が「いい」、蓋をあけてパッケージを縦にすると18に見えることが由来となっています。

「雪見だいふくの日」については株式会社ロッテによって制定された記念日となります。
アイスをやわらかいおもちで包み、その絶妙な食感からロングセラーとなっている「雪見だいふく」をPRすることを目的として制定したそうです。

雪見だいふくは幅広い年齢層に好まれるように、求肥に包んであえて和菓子風にするという工夫をしました。
そして、当時はアイスといえば夏に売れて冬には売り上げが伸び悩むものでしたが、冬でも楽しめるようなアイスの開発を進めていたのです。

そして、雪見だいふくが誕生し、ここまで日本人に愛されるようになったのも、株式会社ロッテが日本人好みで冬でも楽しめるアイスを追求した結果だったんですね。
現在では色々な味の雪見だいふくが発売されていますので、ぜひ11月18日の「雪見だいふくの日」には雪見だいふくを味わってみてくださいね。


アイスの雑学

今回は「雪見だいふくの日」にちなんで「雪見だいふくは昔違う商品名だった」「昔はアイスは薬として食べていた」などアイスにまつわる面白い雑学を紹介します。

雪見だいふくは昔違う商品名だった

雪見だいふくにまつわる雑学を一つ紹介します。
現在では冬のアイスの定番商品として完全に定着した雪見だいふくですが、実は昔は違う商品名で販売されていたのをご存じですか?

雪見だいふくの原型となったアイスは、1980年に発売された「わたぼうし」というアイスなんです。

雪見だいふくのいわゆるパイロット版として発売されていて、全く同じようなアイスに見えますが、雪見だいふくとわたぼうしには大きな違いがあります。

雪見だいふくは求肥(ぎゅうひ)でアイスを包み込んでいますが、わたぼうしはマシュマロでアイスを包み込んでいるのです。
わたぼうしが無事にヒットしたことから、わたぼうしを原型により日本人好みのアイスを目指して雪見だいふくが誕生したのでした。


昔はアイスは薬として食べていた

アイスは現在ではデザートなど嗜好品として楽しまれていますよね。
しかし、実はアイスクリームが誕生したばかりのころは、嗜好品ではなくどちらかというと薬として食べられていたのです。

アイスクリームが誕生したばかりの頃は、現在のような技術は無かったことから、冬に出来る自然の氷や雪に蜜や果汁をかけるというものでした。
冬の間に大量に氷や雪などを保存しておき、夏になってもアイスが食べられるように工夫をしていたんですね。

そして、栄養満点の蜜や果汁をかけることによって、栄養補給や滋養強壮の意味合いでアイスを食べていたのです。
現在のようにアイスが嗜好品として食べられるようになったのは、16世紀になってからだとされています。

以上がアイスの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(11月18日)
土木の日
いい家の日
音楽著作権の日
雪見だいふくの日
ホタテの日
防犯の日

■明日は何の日?(11月19日)
世界トイレデー
農協記念日
いい息の日
シュークリームの日
松阪牛の日

■昨日は何の日?(11月17日)
将棋の日
レンコンの日
ドラフト記念日
いなりの日
減塩の日
国産なす消費拡大の日