ノストラダムスの誕生日の由来と面白い雑学、12月14日の今日は何の日?

12月14日の「今日は何の日?」は「ノストラダムスの誕生日」です。
また「ノストラダムスの誕生日」にちなんで「モアイ像には胴体がある」「ナスカの地上絵が消えない理由」など都市伝説にまつわる面白い雑学を紹介します。


12月14日はノストラダムスの誕生日

今回は「ノストラダムスの誕生日」について解説していきます!
「ノストラダムスの大予言」で有名な「ミシェル・ノストラダムス」の誕生日は1503年12月14日だったんですね。

ノストラダムスが残した「予言集」によると、1999年7月に人類が滅亡することを暗示する内容が書かれていたため、メディアでも取り上げられて、日本でもかなり話題になりました。
その当時は公害問題などで将来を不安視する日本人も多く、実際に本当に人類が滅亡するのではないかと信じていた人もいるほどです。

それではノストラダムスとは何者だったのかというと、ルネサンス期に活躍したフランス人の医師であり、占星術師、そして詩人としても活躍した人物なのです。
意外かもしれませんが料理研究家としての一面もあり、料理研究に関する著作も世に残しています。

ノストラダムスの大予言の内容については、占星術師として著した「予言集」に記載されており、当時はオカルト本としてしか認識されていませんでした。
20世紀以降になるとノストラダムスが活躍したルネサンス期の他の作品と関連付けられるなど、文学作品として評価されるようになり、現在に至っています。


都市伝説の雑学

今回は「ノストラダムスの誕生日」にちなんで「モアイ像には胴体がある」「ナスカの地上絵が消えない理由」など都市伝説にまつわる面白い雑学を紹介します。

モアイ像には胴体がある

チリのイースター島には現在も887体のモアイ像が設置されているそうです。
モアイ像は誰が何のために、そしてあのような巨大な石像をどのように建てたのかについてはいまだに謎のままです。

現在も研究が進められているモアイ像ですが、最近になって実は胴体があることが判明しています。
一見するとモアイ像は顔しかないように見えますが、掘り返してみるとしっかりと胴体があり、普段目にしているのはモアイ像の一部でしかないんですね。

そして、モアイ像の背中には「ペトログリフ」と呼ばれる古代文字が刻まれていたそうなんですね。
今後更に研究が進められれば、モアイ像が誰が何のために作ったものかが判明する日も近いかもしれないです。


ナスカの地上絵が消えない理由

ナスカの地上絵は野ざらしになっているのになぜ消えてしまわないかご存じですか?
実はオカルト的な要素はなく、ナスカの地上絵を管理している人がちゃんと掃除をしているからなんです。

そのため、何もせずにずっと放置していると、やがてナスカの地上絵は消えてしまうんですね。
そして、ナスカの地上絵があるナスカ平原は雨がほとんど降らない気候であることも関係しています。

年間雨量が5ミリしかないため、地上絵に雨水が流れ込んでしまい、絵が消失することはないそうです。
更に、地上絵は石灰質が長年太陽光を浴びたことによって酸化し、セメントのように硬くなっていることから、風化もし辛くなっています。

以上が都市伝説の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(12月14日)
南極の日
忠臣蔵の日
ノストラダムスの誕生日
ひよこの日

■明日は何の日?(12月15日)
観光バス記念日
年賀はがき引受開始日
ザメンホフの日
お菓子の日
中華の日

■昨日は何の日?(12月13日)
正月事始め
ビタミンの日
双子の日
「胃に胃散」の日
一汁三菜の日
王様の食パンの日