道路交通法施行記念日の由来と面白い雑学、12月20日の今日は何の日?

12月20日の「今日は何の日?」は「道路交通法施行記念日」です。
また「道路交通法施行記念日」にちなんで「実は海にも道路が存在する」「道路脇の植物は景観のためだけではない」など道路にまつわる面白い雑学を紹介します。


12月20日は道路交通法施行記念日

今回は「道路交通法施行記念日」について解説していきます!
なぜ12月20日が「道路交通法施行記念日」なのかというと、1960年12月20日に「道路交通法」が施行されたことが由来となっています。

「道路交通法」が施行されるまでは「道路交通取締法」という法律によって交通ルールが定められていたんですね。
もちろん時代が変化するのと共に、時代にあわせて道路交通法は何度も改訂されています。

そのため、当たり前の交通ルールとして認識されているものでも、昔は存在しなかったものも数多く存在します。
例えば、現在では後部座席でもシートベルトを着用するのが当たり前になっていますが、昔は義務化されていませんでした。

後部座席のシートベルトの着用が義務化されたのは2008年6月1日からであり、特に高速道路での違反については厳しく取り締まりが行われました。
こうした道路交通法の改訂により、昔よりも事故発生時の死亡率が格段に下がっているそうです。


道路の雑学

今回は「道路交通法施行記念日」にちなんで「実は海にも道路が存在する」「道路脇の植物は景観のためだけではない」など道路にまつわる面白い雑学を紹介します。

実は海にも道路が存在する

皆さんは「道路」といえば地上にしか存在していないと思っていませんか?
実は道路は地上だけではなく、海の上にも存在しているのです。

海の上の道路とはフェリーの航路のことであり、2018年現在では「海上国道」が全国に24路線存在しています。
そもそも「国道」の定義は「日本各地の主な都市や地域を結び、国の経済・政治・文化などの発展のために重要な道路」となっています。

そのため、地上のように構造物が存在していない道についても「国道」に指定されることがあります。
フェリーなども適当に海上を航行している訳ではなく、きちんと海上国道上を運航しているそうです。


https://kerokero-info.com/wp-admin/post.php?post=37338&action=edit#

道路脇の植物は景観のためだけではない

道路脇に植物が植えられている道路で車を運転していると、なんだか気分が良くなりますよね。
これらの植物は景観のためだけに植えられたもの思われがちですが、実は知られていないだけで様々な効果があるのです。

例えば、道路上を車が走行すると、小さなゴミや塵、ほこりなどが撒きあげられてしまいますよね。
道路脇の植物はそのような小さなゴミを遮る効果があるのです。

ゴミ以外にも騒音を吸収したり遮る効果もあることから、景観以外に様々な場面で役立っているんですね。
街路樹についても、鳥が木から木へ飛び移った際に車にぶつからないように、なるべく高い木を植えるなどの工夫がされています。

以上が道路の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(12月20日)
デパート開業の日
シーラカンスの日
ブリの日
道路交通法施行記念日
ワインの日
発芽野菜の日

■明日は何の日?(12月21日)
クロスワードパズルの日
遠距離恋愛の日
回文の日
漬物の日
myDIYの日

■昨日は何の日?(12月19日)
日本人初飛行の日
まつ育の日
国際南南協力デー
シュークリームの日
松阪牛の日