回文の日の由来と面白い雑学、12月21日の今日は何の日?

12月21日の「今日は何の日?」は「回文の日」です。
また「回文の日」にちなんで「文章が整っている日本語の回文まとめ」「実は英語にも回文がある」など回文にまつわる面白い雑学を紹介します。


12月21日は回文の日

今回は「回文の日」について解説していきます!
なぜ12月21日が「回文の日」なのかというと、12月21日という日付が順番に読んでも逆から読んでも同じ1221という数字になることが由来となっています。

回文とは「トマト」や「しんぶんし」のように始めから読んでも終わりから読んでも同音になる文章や単語のことです。
「回文の日」については俳句で詠む回文俳句を手がける宮崎二健氏によって制定された記念日となります。

この記念日を制定することによって、回文作者にも思いもよらない語句との出会いをもたらすことが目的となっています。
そして、回文を考えることは頭の体操にもなることから、回文の日が制定された時には注目も集めていたそうです。

あまり知られていませんが、実は回文には厳密なルールが存在しているようです。
始めと終わりどちらから読んでも音節が同じ場所に登場し、もちろんですが、どちらから読んでもある程度意味の伝わる文章にしなければなりません。


回文の雑学

今回は「回文の日」にちなんで「文章が整っている日本語の回文まとめ」「実は英語にも回文がある」など回文にまつわる面白い雑学を紹介します。

文章が整っている日本語の回文まとめ

回文の中でも意味が整っていて、そこそこの長さのものを紹介していきます。
ひらがなだけの文章も掲載しますので、ぜひ逆からも読んでみてくださいね。

内科では薬のリスクはでかいな
ないかではくすりのりすくはでかいな

なんてしつけいい子、いいけつしてんな
なんてしつけのいいこいいけつしてんな

リムジン展示無理
りむじんてんじむり

菓子あたえ、肥えたアシカ
かしあたえこえたあしか

お菓子がすきすきスガシカオ
おかしがすきすきすがしかお

死にたくなるよと夜泣くタニシ
しにたくなるよとよるなくたにし


実は英語にも回文がある

回文は日本の文化だと思われがちですが、実は英語にも回文はあり「パリンドローム」と呼ばれています。
そして、回文は日本よりも遥か昔から存在しており、西暦79年にヴェスヴィオ火山の噴火によって滅亡したヘルクラネウムの街に世界最古の回文が残されています。

世界最古の回文は「Sator Arepo Tenet Opera Rotas」であり、このことから少なくとも西暦79年には回文が存在していたことがわかりますよね。
そんな英語の回文にはどのようなものがあるのか、紹介していきます。

Some men interpret nine memos.
複数の男が9つあるメモの意味を明らかにした

Cigar? Toss it in a can. It is so tragic.
葉巻?そんなものはゴミ箱に捨てなさい。それはとても悲惨なものです。

以上が回文の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(12月21日)
冬至
クロスワードパズルの日
遠距離恋愛の日
回文の日
漬物の日
myDIYの日

■明日は何の日?(12月22日)
労働組合法制定記念日
ショートケーキの日
禁煙の日
カニカマの日

■昨日は何の日?(12月20日)
デパート開業の日
シーラカンスの日
ブリの日
道路交通法施行記念日
ワインの日
発芽野菜の日