シネマトグラフの日の由来と面白い雑学、12月28日の今日は何の日?

12月28日の「今日は何の日?」は「シネマトグラフの日」です。
また「シネマトグラフの日」にちなんで「E.T.に指をあわせるシーンはない」「ローマの休日の裏話」など映画にまつわる面白い雑学を紹介します。


12月28日はシネマトグラフの日

今回は「シネマトグラフの日」について解説していきます!
なぜ12月28日が「シネマトグラフの日」なのかというと、1895年12月28日に世界初の映画であるシネマトグラフで、初の商業公開が行われたことが由来となっています。

そもそも「シネマトグラフ」と聞いてもあまりピンとこないという人も多いのではないでしょうか。
「シネマトグラフ」とは撮影機能と映写機能の二つを複合させた映写機であり、簡単に言えばビデオカメラのことですね。

「シネマトグラフ」はリュミエール兄弟によって発明されたものですが、実は「シネマトグラフ」の特許はレオン・ブリーのものでした。
リュミエール兄弟が複合映写機を発明した際に、すでに同種のものをレオン・ブリーも発明して「シネマトグラフ」として特許を申請していたのです。

世界発の実写映画作品は「工場の出口」と呼ばれる作品であり、制作と監督はルイ・リュミエールが務めました。
現在では映画といえば1~2時間の作品が多いですが、最初の実写映画作品は50秒ほどのモノクロ無声ドキュメンタリーだったそうです。


映画の雑学

今回は「シネマトグラフの日」にちなんで「E.T.に指をあわせるシーンはない」「ローマの休日の裏話」など映画にまつわる面白い雑学を紹介します。

E.T.に指をあわせるシーンはない

E.T.の有名なシーンを思い浮かべた時に「ETと少年が指と指を合わせるシーン」を想像される方が多いかもしれません。
しかし、実際に映画を見てみると「ETと少年が指と指を合わせるシーン」など存在しないのです。

それでは、なぜここまで指を合わせるシーンが世の中に浸透しているのか気になりますよね。
実はあのシーンは映画のワンシーンではなく、E.T.のポスターに描かれているワンシーンなのです。

映画を見たことがない人にまであのシーンが浸透していたのは、映画を見たことが無くてもポスターを見たことがある人が多かったからなんですね。
ちなみに、劇中ではE.T.の指が光って少年の傷を治すというシーンがあるため、これが指と指を合わせるシーンが劇中に登場するという誤解を生んでしまっているようです。


ローマの休日の裏話

ローマの休日といえば「真実の口」に手を入れるシーンが有名ですよね。
現在でも観光スポットとなっており、真実の口に手を入れて写真を撮るのが定番となっています。

劇中では真実の口に手を入れた際に、手を噛みちぎられるように見せる悪戯をするシーンがあります。
実はこのシーンに台本があった訳ではなく、オードリーヘップバーンが驚いていたのも演技ではなく素のリアクションだったのです。

この悪戯のシーンは、オードリーの素のリアクションを撮影したかったため、事前にオードリーには伝えられていなかったんですね。
「ダイハード」や「エイリアン」についても、役者の素のリアクションを引き出すために、事前に内容を知らせなかったという話もあるようです。

以上が映画の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(12月28日)
身体検査の日
ディスクジョッキーの日
シネマトグラフの日
にわとりの日

■明日は何の日?(12月29日)
シャンソンの日
福の日
清水トンネル貫通記念日
ふくの日

■昨日は何の日?(12月27日)
ピーター・パンの日
浅草仲見世記念日
エベレスト冬季単独登頂の日
ツナの日
仏壇の日
交番の日