1月23日は電子メールの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

電子メールの日今日は何の日
1月23日の「今日は何の日?」は「電子メールの日」です。
また「電子メールの日」にちなんで「アットマークの由来」「アットマークと呼ぶのは日本だけ」など電子メールにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月23日は電子メールの日

今回は「電子メールの日」について解説していきます!
なぜ1月23日が「電子メールの日」なのかというと、1月23日という日付が「1(いい)23(ふみ)」(いい文・E文)という語呂合わせであることが由来となっています。

「電子メールの日」については電子メッセージング協議会(現在のEジャパン協議会)によって1994年に制定された記念日となります。
そもそも電子メールについてはインターネットよりも先に開発されていたそうです。

インターネットを作るのにあたって電子メールは重要な道具となっていたのです。
電子メールの運用が実際に始まったのは1965年のことで、1970年代初頭までにアメリカ国防総省の自動デジタル・ネットワーク状の端末を1350台つないで、3000文字程度のメッセージをやり取りできるようになりました。

日本では1990年代にはポケベルが主流となっていましたが、実は1980年代の終わりごろには電子メールの送受信が可能でした。
電子メールはWindows95が登場したことによって一般人にも徐々に浸透していくことになりました。

Windows95にはメールソフトが付属されていたことから、誰でも気軽に電子メールのやり取りができるようになったのです。

スポンサーリンク

電子メールの雑学

今回は「電子メールの日」にちなんで「電子メールの雑学」を紹介します。

アットマークの由来

電子メールで使われている「@(アットマーク)」ですが、その読み方から英語の「at」が由来になっていると思われがちですよね。
しかし、実はアットマークは英語の「at」が由来というわけではないんです。

もともとはラテン語の「ad」が由来となっていて、中世の修道士が「a」を囲うようにして「d」を書いたことから「@」という記号が生まれたとされています。
当時は活版印刷なども行われていない時代だったため、修道士が聖書を複製する際には手書きで行っていました。

手書きをしすぎて修道士は手首を痛めてしまったとも言われていて、なんとか略記が出来ないかと考えられた結果、「ad」を略記するために「@」という記号が誕生したのです。
手書きをしてみればわかりますが、「@」であれば一筆で書けてとても楽ですよね。

アットマークと呼ぶのは日本だけ

実は「@」を「アットマーク」と呼ぶのは日本だけって知っていましたか?
どちらも英語のため海外でも通じると思われがちですが、海外で「アットマーク」と言っても伝わりません。

英語圏では「@」の事を「at sign」や「at symbol」と呼びます。
また、これ以外にも様々な呼び方があります。

例えば「@」の形から英語で「cyclone(サイクロン)」や「snail(カタツムリ)」と呼ばれることもありますし、フランス語でも「escargot(エスカルゴ)」と呼ばれています。
ドイツ語では「Klammeraffe(クモザル)」であったり、オランダ語では「apenstaartje(猿のしっぽ)」などと呼ばれています。

以上が電子メールの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月23日)
電子メールの日

■明日は何の日?(1月24日)
ボーイスカウト創立記念日
ゴールドラッシュデー

■昨日は何の日?(1月22日)
カレーの日
飛行船の日
ジャズの日

スポンサーリンク

フォローする