2月18日はエアメールの日【今日は何の日?】

エアメールの日今日は何の日
2月18日の「今日は何の日?」は「エアメールの日」です。

スポンサーリンク



2月18日はエアメールの日

今回は「エアメールの日」について解説していきます!
なぜ2月18日がエアメールの日なのかというと、飛行機によって初めて郵便物が運ばれたことが由来となっています。

1911年2月18日にインドのアラハバードで開かれていた博覧会のアトラクションで、ナイニジャンクション駅まで6000通もの手紙が運ばれました。
正式に配達が開始されたというよりは、催し物の一環として行われたんですね!

そして、ナイニジャンクション駅に到着した手紙はそこから列車に積み込まれて運ばれていきました。
おそらく知っているとは思いますが、エアメールは主に航空便で輸送される書状のことです。

日本から海外にエアメールを送る場合は、手紙(25gまで)が90円、はがきなら70円で送ることができます。
ちなみに、初めてエアメールを配達したのはイギリス人パイロットのアンリ・ペケという人物となります。

スポンサーリンク



はがきの雑学

今回は「エアメールの日」にちなんだ「はがきの雑学」を紹介します。

はがきには見えないバーコードがついている

はがきには人間の目には見えないバーコードがついているって知っていましたか?
昔は人間の手によってはがきの仕分けがされていましたが、現在は機械によって自動で仕分けされています。

つまり、機械が読み取るためにバーコードがついているというわけですね!
郵便番号だけでは町名までしか判断することが出来ませんでしたが、バーコードの登場により、何丁目何番地までを判断できるようになりました。

人間の目からは見えていませんが、ブラックライトを当てるとしっかりとバーコードが浮かび上がってきます。

はがきはなぜ葉書と呼ばれるのか

はがきって「葉書」と呼ばれることもありますよね。
なぜ「葉書」と呼ばれるのかを知っていますか?

郵便局の木として指定されている樹木に「多羅葉(タラヨウ)」と呼ばれる樹木があります。
この「多羅葉(タラヨウ)」から生えている葉っぱには面白い特徴があり、葉の裏を爪や先端の尖ったものでこすると、こすった部分が黒くなりまるで鉛筆で字を書くように文字を書けるのです!

戦国時代にはこの「多羅葉(タラヨウ)」の葉に文字を書いて手紙代わりにしていたという説があり、このことから「葉書」という言葉が出来たとされています。
つまり「葉書」の語源は本当に「葉に書いている」ことからきているのでした!

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月18日)
雨水の日
冥王星の日
エアメールの日

■明日は何の日?(2月19日)
プロレスの日

■昨日は何の日?(2月17日)
天使のささやきの日
切り干し大根の日

スポンサーリンク



フォローする