3月8日はみつばちの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

みつばちの日今日は何の日
3月8日の「今日は何の日?」は「みつばちの日」です。
また「みつばちの日」にちなんで「蜜蜂が一生で集める蜜の量」「刺した後に死ぬのは蜜蜂だけ」など蜜蜂にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月8日はみつばちの日

今回は「みつばちの日」について解説していきます!
なぜ3月8日がみつばちの日なのかというと、「みつ(3)ばち(8)」という語呂合わせが由来となっています。

全日本蜂蜜協同組合と日本養蜂はちみつ協会によって制定されました。
みつばちの日を制定した目的などの情報は見当たりませんでした。

人間が普段から重宝している「ハチミツ」はもちろん蜜蜂がせっせと頑張って集めたものをもらっているわけですから、本当にありがたい話ですよね。
実は古代から蜜蜂と人間には深いかかわりがあり、養蜂の歴史を見てみると、古代エジプトの時代には既に蜜蜂を飼っていたとされています。

発掘された古代エジプトの壁画に養蜂している様子が描かれていたんですね。
日本の歴史を見てみると平安時代には宮中への献上品としてはちみつが使われていて、当時がいかに高級なものだったかがわかります。

現在では当たり前のように食べられるようになったはちみつですが、「はちみつの日」である3月8日には蜜蜂に感謝を込めながら蜂蜜を使った料理を食べるのがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

蜜蜂の雑学

今回は「みつばちの日」にちなんだ「蜜蜂の雑学」を紹介します。

蜜蜂が一生で集める蜜の量

蜜蜂といえばとても働き者でブンブン飛びまわって必死に蜜を集めては巣に持って帰ってますよね!
あれだけ一生懸命働いていますが、蜜蜂1匹が一生でどれくらいの量の蜜を集めていると思いますか?

蜜蜂1匹で一生で集められる蜂蜜の量は4~6グラムほどで、ティースプーン1杯分ぐらいにしかならないそうです。
実際には10グラムぐらいは集めているのですが、巣の中で水分を飛ばして濃縮させることから、最終的に蜂蜜として残るのは4~6グラムなんだとか。

蜜蜂が一生をかけて頑張って集めている蜂蜜を人間は貰っているのですから感謝しないといけないですよね。

刺した後に死ぬのは蜜蜂だけ

蜂は人間を刺すと死んでしまうという話を聞いた事がありませんか?
現在の日本には4000種類以上の蜂が生息しているそうなのですが、実は針を刺した後に死んでしまうのは蜜蜂だけなんです。

実は蜜蜂の針には他の蜂と違って「かえし」がついています。
そのため1度刺さると簡単に抜けないようになっています。

しかし、蜜蜂は皮膚に針を刺した後は頑張って針を抜こうとするため、腹部がちぎれてしまってやがて死んでしまうのでした。
蜜蜂以外は何度も刺してきますので注意してください。

以上が蜜蜂の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月8日)
国際女性デー
みつばちの日
エスカレーターの日
みやげの日

■明日は何の日?(3月9日)
ありがとうの日

■昨日は何の日?(3月7日)
消防記念日
サウナの日

スポンサーリンク

フォローする