4月29日は畳の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

畳の日今日は何の日
4月29日の「今日は何の日?」は「畳の日」です。
また「畳の日」にちなんで「畳の縁を踏んではいけない理由」「畳は昔折り畳めるものだった」など畳にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

12月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月29日は畳の日

今回は「畳の日」について解説していきます!
なぜ4月29日が「畳の日」なのかというと、畳に使うい草が緑色であり「畳の日」が制定された当初は4月29日が「みどりの日」であったことが由来しています。

全国畳産業振興会によって制定されました。
「畳の日」は「畳が持っている住宅剤としての素晴らしさや、敷物としての優れた点をアピールする」という事を目的としています。

最近の賃貸物件の床はほとんどフローリングになっていて、畳部屋がある物件って少なくなりましたよね。
築年数が新しい賃貸に関してはよほど間取りが広くない限りは畳部屋がついている可能性は限りなく低いです。

逆に築年数が古い物件に関してはいまだに畳部屋のある物件も見かけますよね。
旅館やホテルなどは畳の部屋を用意しているところも多く、畳部屋を見るといかにも旅行に来たという感じがしてテンションが上がってしまいます。

最近ではあまり見かけなくなってしまいましたが、改めて畳が注目され始めるといいですね。

スポンサーリンク

畳の雑学

今回は「畳の日」にちなんで「畳の雑学」を紹介します。

畳の縁を踏んではいけない理由

畳部屋のマナーとして「畳の縁を踏んではいけない」というものを聞いたことはありませんか?
最近では畳の部屋が減ってしまっているので、畳の上を歩くマナーについても知らない人が増えてきたのではないでしょうか。

畳の上を歩く時は縁を踏むことは失礼だとして、縁を避けて歩く必要があります。
畳の文化は平安時代ととても古く、この時代の名残りからこのようなマナーが残っています。

平安時代の畳はとても高級品であり、身分の高い人の間ではベッドのように使われていました。
この頃は畳の縁を染める染料として植物を使用していましたが、植物染めは色飛びが起こりやすく、踏んでしまうと染めた色が落ちてしまいます。

また、縁の素材には麻が使用されていましたが、これも耐久性が低かったため踏んでしまうとすり切れてしまいます。
このように、平安時代にはとても高級品で身分の高い人が使う事が多く、あまり耐久性にも優れていないため大事に使っていた名残りが現在の畳のマナーにも残っているのです。

この他にも畳にはその家の家紋を入れた「紋縁」というものもあり、「紋縁」を踏むことはその家の人間の家紋を踏む、つまりは先祖の事を踏みにじることとなり、大変失礼なことにあたるため畳の縁を踏まないようにしていた事も現在のマナーのルーツとなっています。

畳は昔は折りたためるものだった

畳といえば和室などに敷き詰められたものですが、昔は折りたためるものだったって知っていますか?
現在は床としての役割になっている畳ですが、昔は日光のあたらない場所に保管しておき必要になった際に持ち運んで使っていました。

畳は先ほど説明したとおりベッドとしての役割も果たしていましたが、何枚も重ねてその上に座ったり、祭事の際にも使われていました。
現在では1枚1枚が分離しているものを畳といいますが、昔は折りたためるものから、植物繊維以外にも皮などで作られた敷物についても畳と呼んでいました。

畳といっても素材や形状は様々なものがあったようで、折りたためるものも存在していたそうです。
以上が「畳の雑学」でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月29日)
昭和の日
羊肉の日
歯肉炎予防デー
畳の日

■明日は何の日?(4月30日)
図書館記念日
しみゼロの日

■昨日は何の日?(4月28日)
サンフランシスコ講和記念日
海外ドラマの日
洗車の日

スポンサーリンク

フォローする