5月30日は消費者の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

消費者の日今日は何の日
5月30日の「今日は何の日?」は「消費者の日」です。
また「消費者の日」にちなんで「21枚以上の硬貨は拒否される事がある」「1円玉を作るのに掛かるコスト」などお金にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月30日は消費者の日

今回は「消費者の日」について解説していきます!
なぜ5月30日が「消費者の日」なのかというと、1968年5月30日に「消費者保護基本法」が公布・施行されたことが由来となっています。

経済企画庁(現在の内閣府)が主催となって、「消費者保護基本法」の公布・施行から10周年を記念して「消費者の日」は1978年に制定されました。
「消費者保護基本法」とは「消費者の利益の擁護を図り、国民の生活の安定と向上させる」という事を目的とし公布・施行されました。

5月についてはこの記念日に合わせて「消費者月間」としており、全国的に消費者、事業者、行政が話し合いの場を設けるなど、消費者問題に対する教育・啓発等の事業を展開しています。
2017年現在では増税に伴って消費者の消費意識が低くなっていますが、なんとか日本の景気が上向いて安心して消費活動ができるようになってほしいものですね。

スポンサーリンク

お金の雑学

今回は「消費者の日」にちなんで「お金の雑学」を紹介します。

21枚以上の硬貨は拒否される事がある

財布の中に小銭が多くなってしまった時に皆さんはどうしますか?
財布を少しでも軽くしようとして大量の硬貨を使いたい時ってありますよね。

しかし、硬貨を使う際にも限度の枚数があるって知っていましたか?
実は硬貨の枚数に関しては法律上の決まりがあり、同一の硬貨を21枚以上使われた場合には店側はその支払いを拒否することが出来るのです。

これは通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律第7条によるもので、硬貨を使用する場合は額面の20倍までの強制通用力を持つとされています。
つまり、同じ硬貨を21枚以上使うと強制通用力が無くなってしまうので、店側もその硬貨を強制的に受け取らなくてもよくなるのです。

あまり同じ硬貨を大量に持ち歩いて使う事はないかもしれませんが、ついついたくさん溜まってしまいがちな1円や10円などを使う時には、同一の硬貨の枚数が21枚以上にならないように注意してください。

1円玉を作るのに掛かるコスト

皆さんは1円玉を作る時にどれぐらいのコストが掛かっているかを知っていますか?
実は1円玉を作るためには1円以上のコストが掛かっているのです。

原料であるアルミニウムの原価が高めのため、1円玉を作るために掛かるコストは約2円となっており、1円玉を造れば造るほど赤字を出してしまうことになります。
しかし、実は硬貨の中で一番製造される枚数が多いのは1円玉となっており、なんとも不思議ですよね。

ちなみに、世界中にあらゆる硬貨が存在していますが水に浮かべることのできる硬貨は日本の1円玉だけなんだそうです。
これは1円玉の原材料がアルミニウムが関係していて、水よりも少しだけ重たいアルミニウムですが、表面張力が働くため水に浮くことができます。

以上がお金の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月30日)
ごみゼロの日
消費者の日
掃除機の日

■明日は何の日?(5月31日)
古材の日
世界禁煙デー

■昨日は何の日?(5月29日)
エベレスト登頂記念日
こんにゃくの日
呉服の日

スポンサーリンク

フォローする