7月7日は冷やし中華の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

冷やし中華の日今日は何の日
7月7日の「今日は何の日?」は「冷やし中華の日」です。
また「冷やし中華の日」にちなんで「冷やし中華は実は和食」「冷やし中華にマヨネーズをかける地域がある」など冷やし中華にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月7日は冷やし中華の日

今回は「冷やし中華の日」について解説していきます!
なぜ7月7日が「冷やし中華の日」なのかというと、7月7日が二十四節気の「小暑」となることが多く、夏らしい暑さが始る頃であることが由来となっています。

「冷やし中華の日」については企業によって定められたものではなく、1995年に冷やし中華の愛好家によって制定された記念日となります。
「小暑」とは二十四節気の一つであり、これからだんだんと気温が高くなって本格的な夏が始まっていく意味があります。

二十四節気についてはあまりピンとこない人も多いかと思いますが、一年間を二十四に分けることにより、四季よりもさらに細かく季節の移り変わりを表すものが二十四節気だと考えてもらえればわかりやすいかと思います。
他の二十四節気で有名なものは「夏至」「冬至」「春分」「秋分」などがあげられますね。

夏がこれから本格的になるということで、いよいよ冷やし中華が美味しい季節ですね。
夏の食欲のない時期でも冷やし中華などをしっかり食べてのりきりましょう。

スポンサーリンク

冷やし中華の雑学

今回は「冷やし中華の日」にちなんで「の雑学」を紹介します。

冷やし中華は実は和食

冷やし中華と聞くと「中華」という漢字が使われていることから中華料理であるということを想像しますよね。
しかし、実は冷やし中華は中国発症ではなく日本発祥の和食だって知っていましたか?

冷やし中華が誕生したきっかけは諸説ありますが、1937年に宮城県の仙台市で誕生したとされています。
当時は現在のように空調なども整っていなかったために、夏場に熱いラーメンが売れずに困っていました。

そこで、冷たいラーメンを作ってしまえばいいということで開発されたのが「リャンパンメン」というものであり、これが冷やし中華の原型とされているのです。
暑い中冷えていてさっぱりとしていたリャンパンメンの売れ行きは良く、日本全国に広まっていくこととなりました。

そして、地域によって様々な改良がくわえられていくうちに現在の冷やし中華になったとされています。

冷やし中華にマヨネーズをかける地域がある

冷やし中華にかける調味料についてです。
実は地域によっては冷やし中華にマヨネーズをかける文化があるのです。

人によっては「マヨネーズ?ありえない!」という人や「普通マヨネーズをかけるんじゃないの?」という人もいるんじゃないかと思います。
都道府県別に見ていくと、関東の北海道のほとんどの地域ではマヨネーズをかけないという人が多く、中部地方にはマヨネーズをかけるという都道府県が集中しています。

なぜ中部地方の人は冷やし中華をマヨネーズに好んでかけているのかというと、冷やし中華にマヨネーズをかけて食べるという文化を生みだしたのが名古屋だからなんですね。
この文化を生みだしたのはラーメンチェーン「スガキヤ」であり、名古屋人にとってはソウルフードなのです。

この「スガキヤ」で販売されている冷やし中華には当たり前のようにマヨネーズが入っているため、中部の人は冷やし中華にマヨネーズは当たり前と考えているようです。
以上が冷やし中華の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月7日)
小暑
七夕
カルピスの日
冷やし中華の日

■明日は何の日?(7月8日)
質屋の日
ナンパの日

■昨日は何の日?(7月6日)
ピアノの日
公認会計士の日

スポンサーリンク

フォローする