8月20日は交通信号設置記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

交通信号設置記念日今日は何の日
8月20日の「今日は何の日?」は「交通信号設置記念日」です。

スポンサーリンク



8月20日は交通信号設置記念日

今回は「交通信号設置記念日」について解説していきます!
なぜ8月20日が「交通信号設置記念日」なのかというと、1931年8月20日に銀座の尾張町交叉点(現在の銀座4丁目交叉点)・京橋交叉点などに、日本初の3色灯の自動信号機が設置されたことが由来となっています。

現在では日本の交通網には欠かせない信号機ですが、そもそも昔はそんなに車が走っていることもなかったので信号機が必要なかったんですよね。
信号機には青・黄・赤という3色が採用されていますが、実はこれにも理由があったって知っていましたか?

色には波長が存在しており、実はこの色の波長が長ければ長いほど人間はその色を視認しやすいんですね。
そして、信号に採用された青・黄・赤の3色についてはどれも波長が長くて人間の目で視認しやすい色になっているのです。

特に赤色に関しては色の波長が長いことと、視神経を強く刺激する色であったため、1番重要である「止まれ」の色に赤色が割り当てられることになりました。
現在では考えられないですが、昔は白色の信号機もあったそうですが、霧がかかったときなど視界の悪い時に視認し辛かったため、結局は赤色が採用されることになったそうです。

スポンサーリンク



信号の雑学

今回は「交通信号設置記念日」にちなんで「信号の雑学」を紹介します。

信号の色が青黄赤に並んでいる理由

日常生活で当たり前となっている信号機ですが、横向きの信号機を見ていると全てが「青・黄・赤」という順番で並んでいて、全国的に見ても逆順に並んでいる信号機なんて存在しないですよね。
実は「青・黄・赤」という順番なっているのにもちゃんと理由があるのです。

信号機で1番重要であり見えてなければならない色は赤色ですよね。
最悪青色が見えなかったとしてもそのまま直進できれば何の問題もないですよね。

しかし、赤色の場合は見落としてしまって直進してしまうと重大な事故を招いてしまう可能性があります。
この赤色の信号を見落とさないために右側に赤が配置されているのですが、これは日本の道路が左側通行になっている事が関係しています。

左側を走行している時に、左側に植えてある街路樹の枝や葉が信号を隠してしまうことがあるのですが、赤色を右側に配置しておけば街路樹からの距離があって赤色信号が隠れる可能性が低くなるのです。

信号の色が緑ではなく青と呼ばれる理由

信号といえば先ほどから解説しているとおり「青・黄・赤」という色が使われていますよね。
しかし青色だけにはちょっと違和感があって、実際には青色ではなくてどちらかというと緑色に見える気がしませんか?

なぜ緑色にも見える信号がここまで青色として定着したのかというと、信号機が初めて設置された際に当時の新聞記者が信号の色を「青」として新聞の記事に掲載したのです。
これがきっかけとなって信号機の色は「青」として全国的に広まっていくこととなりました。

そもそも日本人は古来より緑色を「青」と表現することが多く、この記者についても信号が緑とも青ともとれることから「青」としたのだと思います。
「木々が青々しく生い茂る」といった表現も緑色の木々に対して「青」が使われていますし、そもそも「青汁」なども完全に緑色ですよね。

このような緑色を「青」とする文化から信号が「青」と呼ばれるようになったのでした。
以上が信号の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月20日)
蚊の日
交通信号設置記念日

■明日は何の日?(8月21日)
噴水の日
献血記念日

■昨日は何の日?(8月19日)
バイクの日
俳句の日

スポンサーリンク



フォローする