10月1日はメガネの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

メガネの日今日は何の日
10月1日の「今日は何の日?」は「メガネの日」です。
また「メガネの日」にちなんで「おめがねにかなうという言葉の由来」「昔はメガネは悪魔の道具とされていた」などメガネにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月1日はメガネの日

今回は「メガネの日」について解説していきます!
なぜ10月1日が「メガネの日」なのかというと、1をメガネのツルとして0をレンズとみなすと「1001」でメガネの形になることが由来となっています。

「メガネの日」については日本眼鏡関連団体協議会によって1997(平成9)年に制定された記念日となります。
日本眼鏡関連団体協議会によるとこの日を「普段からメガネを愛用している人に感謝の気持ちを表す」という事を目的とした記念日としています。

また、10月10日には「目の愛護デー」という記念日が制定されていて、10月1日から10月10日までの期間を「眼とメガネの旬間」としています。
昔に比べてパソコンのモニターやスマートフォンの画面を見る時間が増えたせいか、メガネを掛けるという人の割合が過去に比べてかなり増えていますよね。

筆者が子供だったころはメガネをかけているという生徒はあまり見かけませんでしたが、現在では小学生の高学年ぐらいになるとクラスの半分近くがメガネをかけているというところもあるそうです。
視力を落とさないための画期的な仕組みが開発されない限りは、今後もますますメガネを愛用する人が増えそうですよね。

スポンサーリンク

メガネの雑学

今回は「メガネの日」にちなんで「メガネの雑学」を紹介します。

おめがねにかなうという言葉の由来

皆さんは「おめがねにかなう」という言葉を聞いたことがありますか?
「おめがねにかなう」とは目上の人に気に入られたり実力を認められたりすることを意味する言葉なんですが、「おめがねにかなう」の「めがね」ってどんなメガネのことなんでしょうね。

実はこの「おめがねにかなう」の「めがね」については、皆さんが普段から使っているメガネのことではなく、「拡大鏡」が由来となっているそうです。
拡大鏡は美術品を鑑定する時に目利きをするのに使われたり、新聞などに書いてある小さな文字を読みやすくする時に使われるものです。

そしてこの拡大鏡が目利きなどに使われることから、目上の人などが人間を目利きするような意味の言葉となって「おめがねにかなう」という言葉が誕生したのでした。

昔はメガネは悪魔の道具とされていた

視力が昔に比べて低下してしまっている現代人にとってメガネは欠かせない存在になりましたよね。
しかし、メガネが発明されたばかりのころは悪魔の道具として忌み嫌われていたって知っていましたか?

メガネが発明されたばかりの頃は宗教による信仰が強く、視力の低下などについては神が与えた試練であり乗り越えるか耐え忍ぶものだと考えられていました。
そんな神が人間へ与えた試練を妨げてしまうメガネについては悪魔の道具だと考えられていたのです。

そもそも当時はメガネの原理なども一般人には不可解なものであったため、治療もせずに薬も使わずに視力が戻るメガネはとても不気味なものだったそうです。
このような超常現象を起こせるのは悪魔の仕業に違いないと思われていたんでしょうね。

以上がメガネの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月1日)
シャツの日
コーヒーの日
メガネの日
日本酒の日

■明日は何の日?(10月2日)
豆腐の日
望遠鏡の日
国際非暴力デー

■昨日は何の日?(9月30日)
世界翻訳の日
くるみの日
奥様の日

スポンサーリンク

フォローする