禁煙の日の由来と面白い雑学、毎月22日の今日は何の日?

禁煙の日今日は何の日
毎月22日の「今日は何の日?」は「禁煙の日」です。
また「禁煙の日」にちなんで「禁煙するとご飯がおいしくなる理由」「タバコが20本入りの理由」などタバコにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

毎月22日は禁煙の日

今回は「禁煙の日」について解説していきます!
なぜ毎月22日が「禁煙の日」なのかというと、22という数字を2匹の白鳥に見立てて「スワンスワン=吸わん吸わん」という語呂合わせであることが由来となっています。

「禁煙の日」については、タバコの害や禁煙の重要性に関する知識の普及活動を行っている禁煙推進学術ネットワークによって制定された記念日となります。
禁煙推進学術ネットワークによるとこの日を「禁煙を促すことによって受動喫煙の防止を含めた社会的な禁煙の推進を図る日」としています。

禁煙推進学術ネットワークには禁煙を推進している19の学会が参加し、活動を行っているそうです。
タバコを吸うことによって健康に害があることは周知の事実ですが、吸う人だけではなく周囲の人間にも害を及ぼすことが問題視されていますよね。

最近では分煙が進み、タバコが吸える場所も限られてきてはいますが、それでも一部のマナーの悪い人が歩きたばこなどをしているのを見かけます。
タバコを吸うときはしっかりとマナーを守り、健康や周囲の人への影響が気になるという方は、ぜひ禁煙の日から禁煙を始めてみてくださいね。


タバコの雑学

禁煙の日今日は何の日
今回は「禁煙の日」にちなんで「禁煙するとご飯がおいしくなる理由」「タバコが20本入りの理由」などタバコにまつわる面白い雑学を紹介します。

禁煙するとご飯がおいしくなる理由

「タバコを吸うのを止めるとご飯がおいしくなる」という話はよく耳にしますよね。
実はなんとなくご飯がおいしくなるという訳ではなく、ご飯がおいしく感じられるちゃんとした理由があるのです。

タバコに含まれているタールは臭いが強く、普段からタバコを吸う人の鼻の粘膜に付着して、食べ物の香りを感じにくくさせています。
更に、味を感じさせる舌の「味蕾(みらい)」という感覚器官にもタールが付着すると、味を感じる機能が低下してしまいます。

そして、タバコに含まれているニコチンには味覚や嗅覚などを鈍くする効果があることから、喫煙者は料理の味や香りを楽しめなくなっている状態なんですね。
タバコを吸わなくなるとこれらの機能が回復するため、タバコを吸っていた時よりもご飯がおいしく食べられるようになるのでした。

タバコが20本入りの理由


一部の例外はありますが、ほとんどのタバコは一箱で20本入りで販売されていますよね。
ほとんどのタバコが1箱20本入りで販売されているのにもきちんとした理由があるそうです。

喫煙者にとってタバコを吸いたいという気持ちに駆られる周期は約1時間だとされています。
そして、睡眠時間などを考慮するとなると、大体1時間に1本ずつ吸っていくと1日で1箱を吸う計算となります。

喫煙者に1日で何本タバコを吸うのかと聞いてみると、1日で1箱を吸うという人が多いのは、本数がちょうどいいからなんですね。
しかし、タバコの値上がりも進んでいることから、タバコを控えるという人も増えてきており、一日に一箱は今や贅沢になっているのかもしれません。

以上がタバコの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...