遺言の日の由来と面白い雑学、1月5日の今日は何の日?

1月5日の「今日は何の日?」は「遺言の日」です。
また「遺言の日」にちなんで「遺言は無視することもできる」「遺言を書く紙は自由」など遺言にまつわる面白い雑学を紹介します。


1月5日は遺言の日

今回は「遺言の日」について解説していきます!
なぜ1月5日が「遺言の日」なのかというと、1月5日という日付が「1(い)5(ごん)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「遺言の日」についてはさまざまな社会問題の解決に取り組む「公益財団法人日本財団」によって制定された記念日となります。
1月5日は正月付近であり、家族や親族などが集まりやすい時期であり、遺言についても話しやすい時期になっていますよね。

そのような機会があった時に、相続などのトラブルを少なくすることの出来る「遺言書」の作成を普及することが、「遺言の日」の目的となっています。
1月5日は「遺言(いごん)の日」ですが、一般的に「遺言」は「ゆいごん」と読まれることの多い漢字ですよね。

読み方としてはどちらも正しいそうで、特に金銭や土地などの相続に関係する書類のことを「遺言(いごん)」と区別しているそうです。
そして、「遺言(ゆいごん)」については、相続などに関係なく、自分が死んでしまった時に備えて、遺族に残す言葉のことを指します。


遺言の雑学

今回は「遺言の日」にちなんで「遺言は無視することもできる」「遺言を書く紙は自由」など遺言にまつわる面白い雑学を紹介します。

遺言は無視することもできる

遺言の効力は、原則として遺言を書いた人が亡くなってから発生します。
しかし、効力が発生したとしても、遺言に必ず従う必要はなく、無視することもできるってご存じでしたか?

実は相続者全員が「遺言に従わない」となると、遺言は無視することが出来るのです。
例えば、残された遺言があまりにも理不尽なものであり、全員が納得出来なかった場合などですね。

その場合には改めて相続について、相続者全員が納得するように話し合いをすることになります。
逆にあまりに依怙贔屓な遺言だったとしても、納得する人が一人でもいれば遺言は効力を持ちますので、相続で揉めることもあるということですね。


遺言を書く紙は自由

遺書は正式な様式の書類を用意しなければならないと思っていませんか?
実は遺言を書く紙について制限はなく、何に書いていても遺言としての効力が発生するそうなんです。

極論を言ってしまえば、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、チラシなど雑紙の裏であっても問題はないんですね。
しかし、遺言は長く保存できなければ意味はありません。

劣化しやすい紙で遺言を書いておいたとしても、自分が死んでしまった後に紙が劣化して読めない状態だと困りますよね。
そのため、たとえどんな紙に遺言を残すとしても、長く保存することが出来る紙に遺言を残すようにしましょう。

以上が遺言の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(1月5日)
囲碁の日
シンデレラの日
遺言の日
チーズケーキの日

■明日は何の日?(1月6日)
小寒
ケーキの日
色の日
まくらの日
メロンの日
手巻きロールケーキの日

■昨日は何の日?(1月4日)
大発会
石の日
みたらしだんごの日