ロックの日の由来と面白い雑学、1月8日の今日は何の日?

1月8日の「今日は何の日?」は「ロックの日」です。
また「ロックの日」にちなんで「誕生日ソングにも著作権がある」「世界一長い曲は今でも演奏中である」など音楽にまつわる面白い雑学を紹介します。


1月8日はロックの日

今回は「ロックの日」について解説していきます!
なぜ1月8日が「ロックの日」なのかというと、1935(昭和10)年にエルヴィス・プレスリーが、1947(昭和22)年にデビッド・ボウイが生まれた日であることが由来となっています。

エルヴィス・プレスリーはロックンロールと呼ばれるジャンルの音楽を普及させた第一人者であり、キング・オブ・ロックンロールと称されていますよね。
ギネス・ワールド・レコーズには「史上最も成功したソロ・アーティスト」に認定されており、1950年代にはアメリカやイギリスの多くの若者を熱狂させました。

初期のエルヴィス・プレスリーの音楽は、黒人音楽のブルースと白人音楽のカントリー・アンド・ウェスタンを融合したスタイルであり、人種差別が根強いアメリカでは画期的な音楽でした。
デビッド・ボウイはイギリス出身のミュージシャンであり、音楽プロデューサー、俳優としてもマルチに活躍をした人物でした。

デビット・ボウイの音楽は、ロックの中でも「グラムロック」と呼ばれており、1970年代前半にイギリスの多くの人を熱狂させました。
1996年には「ロックの殿堂」に入り、1985年、2017年にはグラミー賞を受賞するなど、現在も多岐にわたって活躍を見せています。


音楽の雑学

今回は「ロックの日」にちなんで「誕生日ソングにも著作権がある」「世界一長い曲は今でも演奏中である」など音楽にまつわる面白い雑学を紹介します。

誕生日ソングにも著作権がある

誕生日で歌われる曲の定番といえば「ハッピーバースデートゥーユー」ですよね。
この曲は世界で一番歌われている曲としてギネス記録に認定されているほど、世界的に有名な曲です。

しかし、実は「ハッピーバースデートゥーユー」は替え歌であり、原曲には歌詞があって著作権もあるのです。
原曲はアメリカ人のヒル姉妹によって作曲された「Good Morning to All」という曲で、その替え歌が「ハッピーバースデートゥーユー」なんですね。

アメリカではワーナーブラザーズが著作権を保持しており、その保護期間は2030年までとなっています。
日本では既に著作権が切れていることから、使用しても著作権使用料が請求されることはありませんので、安心してください。


世界一長い曲は今でも演奏中である

2018年現在で世界に存在する最も長い曲はジョン・ケージ作曲の「Organ2/ASLSP」という曲です。
どれぐらい長いのかというと、なんと演奏終了までに639年という時間がかかるのです。

そして、Organ2/ASLSPについては2001年から演奏が始まり、今この瞬間にも演奏が続けられています。
演奏場所はドイツ東部のハルバーシュタットのブキャルディ廃教会という場所です。

このまま何事もなく演奏が続けられたとしたら、2639年には演奏が終わりますが、あと600年も演奏が続くなんて想像が出来ないですよね。
以上がの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...

■今日は何の日?(1月8日)
イヤホンの日
勝負事の日
ロックの日
果物の日
歯ブラシ交換デー

■明日は何の日?(1月9日)
風邪の日
とんちの日
ブルーマウンテンコーヒーの日
クジラの日
パソコン検定の日

■昨日は何の日?(1月7日)
松納め
七草粥の日
爪切りの日
千円札の日
生パスタの日