成人の日の由来と面白い雑学、2022年1月10日の今日は何の日?

1月10日の「今日は何の日?」は「成人の日」です。
また「成人の日」にちなんで「成人式で振袖を着る理由」「世界の珍しい成人式」など成人にまつわる面白い雑学を紹介します。

1月10日は成人の日

今回は「成人の日」について解説していきます!
「成人の日」については日本の国民の祝日の一つとなっています。

成人の日は国民の祝日に関する法律の第2条によると「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ということを趣旨とした日としています。
現在はハッピーマンデー制度によって1月の第2月曜日が成人の日になっているため、2022年の成人の日は1月10日になっています。

成人の日は1999年までは1月15日に実施されていて、前年の成人の日の翌日からその年の成人の日までに誕生日を迎える人を祝う日になっていました。
しかし、2000年にハッピーマンデー制度が始まってからは前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を対象とした日となりました。

「成人の日」という祝日が定められたのは1948年に公布・施工された祝日法によるものであり、1月15日が「小正月」であることから、元服の儀が行われていた「小正月」にあわせて日付が決定されました。
成人して大人になったことを自覚する日となっていますが、最近では成人式で暴れる若者が増えていたり、20歳を迎えても子供みたいな人がニュースで取り上げられてしまい少し不安になってしまいますよね。

ごく一部の人が暴れているだけであって、若者全体がレベルが低いと思われてしまうのも可哀そうな気がします。

成人の雑学

今回は「成人の日」にちなんで「成人式で振袖を着る理由」「世界の珍しい成人式」など成人にまつわる面白い雑学を紹介します。