ヒーローの日の由来と面白い雑学、1月16日の今日は何の日?

1月16日の「今日は何の日?」は「ヒーローの日」です。
また「ヒーローの日」にちなんで「原作のスパイダーマンは糸を出せない」「マーベル、アベンジャーズの意味」などヒーローにまつわる面白い雑学を紹介します。


1月16日はヒーローの日

今回は「ヒーローの日」について解説していきます!
なぜ1月16日が「ヒーローの日」なのかというと、1月16日という日付が「ヒ(1)ー(1)ロ(6)ー」という語呂合わせであることが由来となっています。

「ヒーローの日」については広告業務などを手掛けている株式会社電通によって制定された記念日となります。
この記念日を制定することによって、アニメや映画などの「ヒーロー」をより多くの人に愛してもらって、その存在を世の中に浸透させることが目的となっています。

2018年現在の日本では、アメコミが原作となったヒーローの映画がたくさん放映されていますよね。
特に様々なヒーローが登場する「アベンジャーズ」シリーズは日本のみならず、世界中のヒーローファンの心を熱くさせています。

2018年に公開された「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の興行収入は40億ドルを突破し、日本でも37億円を記録しました。
予告がネット上に公開された時には、公開後24時間で再生回数が2億3000万回を突破するなど、いかにヒーローが愛されているかがわかりますよね。


ヒーローの雑学

今回は「ヒーローの日」にちなんで「原作のスパイダーマンは糸を出せない」「マーベル、アベンジャーズの意味」などヒーローにまつわる面白い雑学を紹介します。

原作のスパイダーマンは糸を出せない

スパイダーマンといえば手から糸を出してビルの間を飛び回ったり、攻撃に使うイメージがありますよね。
しかし、糸を出すのは映画だけであり、原作のスパイダーマンは手から糸を出すことができないってご存じでしたか?

原作のスパイダーマンはウェブシューターという機械を使って、糸を発射しているんですね。
一時期は映画の影響を受けて、原作のスパイダーマンも手から糸を出すことがありましたが、これはあくまで映画の設定なのです。

その後、「アメイジングスパイダーマン」が公開された際には、原作の設定に戻されて、ウェブシューターが使われるようになりました。
サム・ライミが監督を務めたスパイダーマンに馴染みがある人にとって、マーク・ウェブが監督を務めたアメイジングスパイダーマンを見た時には、設定の違いに驚いたのではないでしょうか。


マーベル、アベンジャーズの意味

「マーベル」や「アベンジャーズ」の意味について解説していきます。
まずはアメコミヒーローものでよく見かける「マーベル」ですが、これは「マーベルコミックス」のことで、アメコミの出版社の名前なんですね。

マーベルコミックスの代表的なヒーローは「キャプテン・アメリカ」「スパイダーマン」「アイアンマン」「ハルク」などが挙げられます。
そして、映画アベンジャーズではマーベルコミックスに登場するヒーロー達が何人も集結します。

アベンジャーには「復讐者」という意味があり、つまり映画アベンジャーズは「復習者達」という意味になります。
これは犯罪を起こす悪者たちに復讐、報復するヒーロー達の物語であることから「アベンジャーズ」というタイトルになりました。

以上がヒーローの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(1月16日)
禁酒の日
閻魔参り
ヒーローの日
エコの日
トロの日

■明日は何の日?(1月17日)
おむすびの日
防災とボランティアの日
阪神・淡路大震災の日
いなりの日
減塩の日
国産なす消費拡大の日

■昨日は何の日?(1月15日)
小正月
いちごの日
ウィキペディアの日
フードドライブの日
お菓子の日
中華の日