ブログの日の由来と面白い雑学、2月6日の今日は何の日?

2月6日の「今日は何の日?」は「ブログの日」です。
また「ブログの日」にちなんで「ブログという言葉の由来」「日本や世界の初めてのホームページ」などウェブにまつわる面白い雑学を紹介します。


2月6日はブログの日

今回は「ブログの日」について解説していきます!
なぜ2月6日が「ブログの日」なのかというと、2月6日という日付が「ブ(2)ロ(6)」という語呂合わせが由来となっています。

「ブログの日」については株式会社サイバーエージェントによって制定された記念日となります。
この日を制定することによって、インターネット上のサービスのひとつであるブログの普及することが目的となっています。

サイバーエージェントが運営するAmebaブログでは、ブログの日にブログを楽しむためのイベントなどを行っているそうです。
インターネットが急速に普及したことにより、無料でブログサービスなどが使えるようになり、気軽に自己発信することが出来るようになりました。

しかし、一方でブログなどに過激な書き込みをしたり、誹謗中傷などにより炎上する事態なども招いてしまっています。
ブログなどのサービスを利用する時は、そこが公共の場であり、画面の向こう側にも人間がいるということを意識しながら楽しく利用するようにしましょう。


ウェブの雑学

今回は「ブログの日」にちなんで「ブログという言葉の由来」「日本や世界の初めてのホームページ」などウェブにまつわる面白い雑学を紹介します。

ブログという言葉の由来

現在は「ブログ」という言葉があまりにも定着したためほとんど知られていませんが、実は「ブログ」という言葉は略語です。
「ブログ」とは「Web(ウェブ)」と「log(ログ)」を合体した造語である「weblog(ウェブログ)」の略語なんですね。

現在では日記のような使われ方をしているブログですが、ブログはもともとは「ウェブ上に残される記録」という意味があるのです。
昔は自分でhtmlを書いてホームページを作ることしかできませんでした。

しかし、1999年に初めてブログツールが開発されると、アメリカを中心にして急速にブログが広まっていきました。
そして、2001年9月に発生した同時多発テロをきっかけにして、ブログが情報を発信する新しいメディアとして注目を受けるようになったのです。


日本や世界の初めて公開されたホームページ

ウェブサイトが最初に公開されたのは1993年のことであり、最初にウェブサイトを公開したのはCERNだったそうです。
CERNとはスイスにある欧州原子核研究機構のことであり、世界最大規模の素粒子物理学の研究を行っている機関ですね。

世界で最初に公開されたウェブサイトは以下のURLであり、2019年現在でも閲覧することが可能となっています。
https://www.softantenna.com/wp/webservice/info-cern-ch/

日本で最初に公開されたページはウェブサイトの構成ではなく、単一のウェブページでした。
高エネルギー加速器研究機構によって最初にウェブページが公開されたのは1992年9月30日のことであり、現在は公開されていませんが内容は以下のようなものでした。
http://www.ibarakiken.gr.jp/www/first/kek.html

以上がウェブの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(2月6日)
海苔の日
抹茶の日
ブログの日
メロンの日
手巻きロールケーキの日

■明日は何の日?(2月7日)
フナの日
北方領土の日
オリンピックメモリアルデー
生パスタの日

■昨日は何の日?(2月5日)
笑顔の日
ふたごの日
プロ野球の日
長崎二十六聖人殉教の日
チーズケーキの日