オリンピックメモリアルデーの由来と面白い雑学、2月7日の今日は何の日?

2月7日の「今日は何の日?」は「オリンピックメモリアルデー」です。
また「オリンピックメモリアルデー」にちなんで「銀メダルをオークションに出品した選手」「金メダルを金で作らない理由」などオリンピックにまつわる面白い雑学を紹介します。


2月7日はオリンピックメモリアルデー

今回は「オリンピックメモリアルデー」について解説していきます!
なぜ2月7日が「オリンピックメモリアルデー」なのかというと、1998年2月7日に長野冬季オリンピックが開会されたことが由来となっています。

「オリンピックメモリアルデー」については、公益社団法人日本青年会議所北信越地区長野ブロック協議会によって制定された記念日となります。
長野県でオリンピックを開催するのにあたり、理念の一つとして「自然との共生」が掲げられていました。

そのため、この日を制定することによって、オリンピック後の長野県の自然を考える日にしてほしいという願いが込められています。
長野で開催されたオリンピックには選手や役員が4638名が参加し、会場には約144万人の観客が集まりました。

参加した国々の中で最も多くのメダルを獲得したのはドイツであり、金12銀9銅8の合計29のメダルを獲得しました。
地元開催ということで日本勢も検討し、日本も金5銀1銅4と合計で10個のメダルを獲得しました。


オリンピックの雑学

今回は「オリンピックメモリアルデー」にちなんで「銀メダルをオークションに出品した選手」「金メダルを金で作らない理由」などオリンピックにまつわる面白い雑学を紹介します。

銀メダルをオークションに出品した選手

オリンピックに出場して表彰台に上り、メダルを授与されることは大変名誉なことだと思います。
しかし、なんと自分で獲得した銀メダルをオークションに出品した選手が過去にはいるのです。

銀メダルをオークションに出品した選手はポーランド代表のピオトル・マラチョフスという円盤投げの選手でした。
オークションに出品したと聞くと、お金のためにメダルを売ったのかと思われるかもしれませんが、メダルを売ったのには理由がありました。

実は、難病に苦しむ子供の手術費用を援助するために、オークションで銀メダルを出品したのです。
その後、無事に銀メダルは売却され、難病に苦しむことに役立てられました。

マラチョフスキ選手は「金メダルには届かなかったが、私の銀メダルは価値を高めてくれた」とSNS上に言葉を残しています。


金メダルを金で作らない理由

金メダルは純金で作られているわけではなく、表面に純金がはりつけられているだけで、中身のほとんどは銀で作られています。
実は過去に開催されたオリンピックでは、純金製の金メダルが作られていたこともあったのです。

1912年までの夏季ストックホルムオリンピックまでは純金製だったのですが、その後は純金製ではなくなってしまいました。
これは種目数が増えたことにより、メダルの生産数が増えてしまったことが理由なんですね。

開催される国によって経済力にも差があり、当然ながらメダルの製造については開催国が負担することになっています。
金の原価が5000円だとすると、800グラムの純金製のメダルを一つ作るのに400万円もかかってしまい、東京オリンピックは339種目あることから、13億5600万円ものコストがかかってしまうのです。

以上がオリンピックの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...

■今日は何の日?(2月7日)
フナの日
北方領土の日
オリンピックメモリアルデー
生パスタの日

■明日は何の日?(2月8日)
針供養の日
郵便マークの日
和ちょこの日
果物の日
歯ブラシ交換デー

■昨日は何の日?(2月6日)
海苔の日
抹茶の日
ブログの日
メロンの日
手巻きロールケーキの日