中部国際空港開港記念日の由来と面白い雑学、2月17日の今日は何の日?

2月17日の「今日は何の日?」は「中部国際空港開港記念日」です。
また「中部国際空港開港記念日」にちなんで「値段の高い座席はなぜ機体前方に配置されている?」「飛行機の滑走路は実は傾斜がついている」など飛行機にまつわる面白い雑学を紹介します。


2月17日は中部国際空港開港記念日

今回は「中部国際空港開港記念日」について解説していきます!
2005年2月17日に愛知県常滑市沖に中部国際空港(愛称 セントレア)が開港しました。

愛知県にはもともと名古屋空港がありますが、21世紀の初頭には空港容量が限界に達することが予測されていました。
そのため、空港の敷地を拡張したり、便数を増やすなどして24時間の利用が可能な空港とする必要がありました。

しかし、名古屋空港は市街地に立地する空港であることから、敷地を拡張することが困難であり、騒音問題もあって24時間利用可能な空港にすることが難しかったそうです。
そこで、拡大していく航空需要に対応するために新しい空港の建設が必要となり、新しく開港したのが中部国際空港だったのです。

中部国際空港は沿岸部に位置していることから拡張が可能な空港であり、市街地に隣接していないことから24時間利用が可能な空港を実現しました。
現在も成田国際空港、関西国際空港に続く国際拠点(ハブ)空港として位置づけられており、拡大する航空需要に対応しています。


飛行機の雑学

今回は「中部国際空港開港記念日」にちなんで「値段の高い座席はなぜ機体前方に配置されている?」「飛行機の滑走路は実は傾斜がついている」など飛行機にまつわる面白い雑学を紹介します。

値段の高い座席はなぜ機体前方に配置されている?

値段の高いビジネスクラスやファーストクラスの座席は飛行機の前方に配置されていますよね。
一般的に飛行機は前方の座席になるほど快適だとされているのです。

その理由としては、エンジンが真横にあるエコノミークラスと違ってエンジン音が静かであり、振動も少ないからなんですね。
そして、食事や飲み物などについても前方から配膳されることが多く、サービスが手厚くなっています。

また、飛行機を乗り降りする際にも前方の方が乗り降りが楽であることから、何かと前方の方が快適に空の旅が楽しめるんですね。
しかし、滅多にあることではありませんが、万が一飛行機が墜落してしまった場合は、後方の座席の方が生存率が高いそうです。


飛行機の滑走路は実は傾斜がついている

空港にある滑走路は一見するとどこまでも平に見えるかもしれません。
しかし、滑走路には微妙な傾斜がついており、滑走路の中央に向かって盛り上がっているのです。

なぜ傾斜がつけられているのかというと、雨が降った時に雨が流れていくようにするためなんです。
免許を持っている方は習ったと思いますが、路面に水が張ってある状態で80キロ以上を出すとハイドロプレーニング現象が発生します。

ハイドロプレーニング現象はタイヤと地面の間に水が入りこんでしまい、ブレーキが利かなくなる現象のことですね。
飛行機は離着陸の際に200キロほどのスピードを出すことから、ハイドロプレーニング現象を防ぐために、雨水が流れていくように工夫しているのでした。

以上が飛行機の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(2月17日)
天使のささやきの日
切り干し大根の日
中部国際空港開港記念日
いなりの日
減塩の日
国産なす消費拡大の日

■明日は何の日?(2月18日)
冥王星の日
エアメールの日
嫌煙運動の日
ホタテの日
防犯の日

■昨日は何の日?(2月16日)
天気図記念日
寒天の日
似合う色の日
エコの日
トロの日