雨水の由来と面白い雑学、2021年2月18日の今日は何の日?

2月18日の「今日は何の日?」は「雨水」です。

2月18日は雨水

今回は「雨水」について解説していきます!
2月18日がなぜ雨水なのかというと、雪が雨に変わって春へ向けて暖かくなっていく節目の日とされているからです。

雨水は「あまみず」ではなくて「うすい」と読み、24節季の1つとなります。
この24節気とは太陽の軌道である黄道を黄経0度から15度ずつに刻み、太陽がその点を通る日付により、24つの季節的な特徴からその名称を定めて表したものです。

雨水以外の代表的な24節気は「春分」「夏至」「秋分」「冬至」などがありますね!
今回紹介する雨水は雨が降り始めて草木が芽生える季節でもあるため、農耕の準備を始める目安ともされています。

毎年、春一番が吹くのも雨水の周辺です。

お雛様を飾り始める時期

雨水はお雛様を飾り始める時期でもあります。
なぜなら、お雛様を飾ると良縁に恵まれるとされているからなんですね!

なぜ雨水とお雛様が関係していると思いますか?
理由は諸説ありますのでその中から1つ紹介します。

日本神話が由来となっている説で、先ほど解説した通り草木が芽生えて、雪解け水が川へ流れ始めるのが雨水の日です。
日本神話では水は命の源であり、水の神様は母なる神様とされていました。

水の女神である罔象女神(ミズハノメノカミ)は母神、子宝安産の神として信仰されています。
そのため、雨水の日は水の神様の信仰と結び付き、良縁に恵まれるというようになりました。

ちなみに、雛まつりの前日にお雛様を飾ることは「一夜飾り」といって縁起が悪いものなので注意してください。
雨水は2月18日から次の24節気である「啓蟄(けいちつ)」の前日である3月4日までです。

充分に時間がありますので、慌てずにお雛様の準備を進めてくださいね!

雨の雑学

今回は「雨水」にちなんで「雨のニオイについて」「猫は雨を予知できる」など雨にまつわる面白い雑学を紹介します。

雨のニオイについて

雨が降り始めた時と雨が降った後って「雨のニオイ」がしますよね!
なんだか独特のニオイがして筆者は雨のニオイが好きだったりします。

雨が降り始めた時のニオイの正体は「ペトリコール」という物質です。
これは特定の植物が出す油で、地面が乾燥している時に地面に吸着して、雨が降る事によって地面から放出されて独特なニオイを発生させるんです。

また、雨が降った後のニオイは「ジオスミン」という物質で、土の中にいる細菌によって作られます。
この「ジオスミン」がカビのようなニオイを発生させています。


猫は雨を予知できる

猫が自分の前足をなめてそれを顔にこするような仕草をする時がありますよね?
実は猫がそのような仕草をした時には、雨が降るといわれています。

猫は湿気や気圧の変化を敏感に感じ取ることができるため、雨が降りそうになると湿気で重くなった毛の手入れを始めるのです。
猫がこの仕草を始めたらその日は注意が必要ですね!

以上が雨の雑学です、いかがだったでしょうか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(2月18日)
雨水
冥王星の日
エアメールの日
ホタテの日
防犯の日

■明日は何の日?(2月19日)
プロレスの日
天地の日
シュークリームの日
松阪牛の日

■昨日は何の日?(2月17日)
天使のささやきの日
切り干し大根の日
いなりの日
減塩の日
国産なす消費拡大の日