おでんの日の由来と面白い雑学、2月22日の今日は何の日?

2月22日の「今日は何の日?」は「おでんの日」です。
また「おでんの日」にちなんで「ちくわとちくわぶの違い」「全国のおでんの変わり種」などおでんにまつわる面白い雑学を紹介します。


2月22日はおでんの日

今回は「おでんの日」について解説していきます!
なぜ2月22日が「おでんの日」なのかというと、熱々のおでんを食べる時にふーふーふーと吹きかけることから「2(ふー)22(ふーふー)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「おでんの日」については、新潟県の「越乃おでん会」によって制定された記念日となります。
「越乃おでん会」はおでんで新潟を元気にしようと活動をしており、おでんを新潟の名物しようと活動を続けているそうです。

この記念日を制定することによって、新潟県のおでんをPRし、オリジナルのおでんの開発や普及を行うことが目的となっています。
実は新潟県にかかわらず、おでんは地方によって出汁の味が違うなど、それぞれの地方の独自の味があるんですね。

例えば、北海道や東北などの北国では昆布だけでシンプルに出汁をとる傾向があり、味噌おでんなどが主流となっているそうです。
また、東日本では濃い口醤油を使うのに対して、西日本では薄口醤油を使うなど、全国でそれぞれの味が楽しめるのがおでんの楽しみの一つですよね。


おでんの雑学

今回は「おでんの日」にちなんで「ちくわとちくわぶの違い」「全国のおでんの変わり種」などおでんにまつわる面白い雑学を紹介します。

ちくわとちくわぶの違い

おでんによく使われる食材に「ちくわ」と「ちくわぶ」というものがありますが、この二つは非常に名前が似ていますよね。
名前が似ていることから、似たような食べ物だと思われがちなのですが、「ちくわ」と「ちくわぶ」は全く別の食べ物であることをご存じでしょうか。

まずは「ちくわ」についてですが、ちくわは白身魚のすり身を使った練り物であり、焼いたり蒸しあげて作られるものです。
ちなみに漢字では「竹輪」と書きますが、これはちくわが竹の切り口に見えることが由来となっているそうです。

「ちくわぶ」については小麦粉を練り上げた料理であることから、ちくわとは別の食べ物だということがわかります。
そして、調理方法についても、ちくわぶは茹でて作られることから、やはりちくわとちくわぶでは根本的に違う食べ物なのです。


全国のおでんの変わり種

先ほどおでんのつゆの味は全国各地で違うことを説明しましたが、入っている食材についても全国各地に違いがあります。
例えば、北海道の変わり種として挙げられるものに「フキ」があり、セブンイレブンでは北海道限定メニューとして販売されていたこともありました。

そして、関東地方の変わり種には「ちくわぶ」と「スジ」があります。
スジといえば牛筋を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、関東地方ではスジといえば魚の白身と軟骨を使った練り物のことなんですね。

また、一年を通して温暖な気候である沖縄でもおでんは食べられており、沖縄県のおでんには豚がよく使われています。
他県では見られないような「豚足」であったり、豚の骨付きあばら肉である「ソーキ」などもおでんに入っているそうです。

以上がおでんの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(2月22日)
猫の日
ヘッドホンの日
忍者の日
おでんの日
ショートケーキの日
禁煙の日
カニカマの日

■明日は何の日?(2月23日)
富士山の日
ふろしきの日
工場夜景の日
不眠の日
乳酸菌の日

■昨日は何の日?(2月21日)
日刊新聞発刊の日
国際母語デー
漱石の日
漬物の日
myDIYの日