清明の由来と面白い雑学、2021年4月4日の今日は何の日?

4月4日の「今日は何の日?」は「清明」です。

4月4日は清明

今回は「清明」について解説していきます!
あまり聞いたことがないと思いますが「清明」の読み方は「せいめい」であり、二十四節気の一つとなります。

二十四節気は1年を24等分した季節だと思っていただければわかりやすいかと思います。
春夏秋冬が四季ならば、二十四節気は二十四に分かれた季節を表しています。

「清明」の言葉の意味は「すべてのものが清らかで生き生きとするころ」となっています。
その言葉の意味からもわかるとおり、清明の時期にはすっかりと暖かくなりすがすがしい南東の風が吹き、穏やかな気候になることが特徴です。

日本ではあまり馴染みのない清明ですが、中国では古くから先祖の霊を供養する重要な祝日とされています。
湿度も低くなって晴れの日が続くことから、清明という漢字にぴったりの時期ですよね。