小満の由来と面白い雑学、2022年5月21日の今日は何の日?

5月21日の「今日は何の日?」は「小満」です。
また「小満」にちなんで「天気雨が降る理由」「ゲリラ豪雨は最長でも1時間程度」など雨にまつわる面白い雑学を紹介します。

5月21日は小満

今回は「小満」について解説していきます!
「小満」とは「しょうまん」という読み方であり、二十四節気の一つです。

二十四節気は日本の一年間を二十四個に分けたものであり、四季を更に細かくしたものだと思ってもらえればわかりやすいですね!
有名な二十四節気には春分や秋分、夏至や冬至などがあります。

気候的には初夏であり少しずつ蒸し暑さを感じる時期となります。
また初夏でもあるため麦の収穫期にもあたります。

小満は「全てのものがみちあふれて草木に枝はが茂る」とされており、このころにはすっかりと木々が青々としています。
また、「暦便覧」によると小満の欄には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」とされています。

「盈満」という言葉はあまり意味の知られていない言葉ですが「物事が満ちあふれること。また、そのさま」という意味があります。
関東以南では気候的にもかなり熱くなってくる時期でもありますので、お出かけの際には十分に水分を補給するようにしてください。

雨の雑学

今回は「小満」の時期に梅雨が始まることから「天気雨が降る理由」「ゲリラ豪雨は最長でも1時間程度」など雨にまつわる面白い雑学を紹介します。